書いて消せるラベルを使ってボックスを見える化

100均

キッチンやリビングなどでグルーピングをするために無印のファイルボックスなどを利用していますが、割と流動的に中身を入れ替えるので都度ラベルを作って貼り付けるのが手間に感じていました。

100均で偶然、ホワイトボードマーカー対応のラベルテープを発見したので物試しにと購入してみました。

スポンサーリンク

書いて消せるラベルテープがなんと百円!

百円均一ショップFLET’Sで発見したホワイトボードになるラベルテープ。ボックスの数も考えて2個購入して帰って来ました。(ダイソーでも売られているのを発見しました)

好きな長さにカットと書かれていますが、デザインに沿ってカットしますよね…

最初からカットしてくれてるととっても助かるんですが、この方がお安く作れるのでしょう。端から順に使うわけでもないので、デザインに沿って2本分カット。

1本につき、1デザインあたり8枚(1本)、ハーフカットの物は16枚取ることができました。2本購入したので、それぞれ16枚、ハーフカットは32枚になりました。

モノトーンで使いやすいデザインなのが大変嬉しい限り。

キッチンのボックスにはハーフカットのテープを

キッチンで使っている無印のファイルボックスにはサイズ的にもハーフカットのものしか使えませんでした。予想は付いていたので全て貼るために2本購入したのです。

目分量で貼り付けて中身を記載しました。ラベルがちょっとしたアクセントにもなって割といいかも。

リビングのファイルボックスには大きめのテープ

3デザインのうちの一番コテコテっとしたラベルを貼り付けてみました。こちらもなかなかいい感じです。

隣の収納ボックスにも貼りたいのですが、もっと小さくて細いサイズのものでなければ貼れないので、無地でも細いテープが販売されるといいなぁ。

細いホワイトボードのペンがあると便利

太いホワイトボードのペンだとラベルの書き込み欄が小さくて文字潰れしたため、細いペンを購入しました。

バタフライボード用のペンですが、現在販売されているホワイトボードのペンの中で一番細いペンだと思われます。

長くもなく短くもない書きやすいペン。ペン自体のデザインもスッキリしており、ペン立てに入れてても鬱陶しくなくて地味に嬉しい!

この細さのおかげでラベルに書いたとき文字潰れせず、スッキリ綺麗に見えるようになりました。

毎回、入れ替えたらラベルを作るまでが仕事でしたが、これからは入れ替えたら文字を消して書き換えるだけになったので時短になりました。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
100均 収納 時短
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント