プロフィール

スポンサーリンク

CHIKAの背景

1978年大阪府豊中市生まれ。1980年ごろに箕面市に移り住む。以降、成人するまで箕面市で育つ。その後、父の会社の倒産などなどで引っ越しを繰り返すこと7回紆余曲折を経て兵庫県民に。

思春期=バブル期、就職期=氷河期のまさにロストジェネレーション世代だったので、とにかく物をたくさん持つこと・仕事なんてなんでもあるな親世代とは相容れない価値観を持っています。その

物心ついた頃から片付けは大好きでした。しかし母は片付けられない女で、5LDKの実家は物まみれ。また物を捨てるとブチ切れられる母でもあったため3回目の引越しまでは3D収納を駆使して生活していました。4回目の引っ越しの最中に捨てればラクになるのにと気づき、物を手放し始めました。

7回引っ越した、それぞれの家に対する考察と反省
この世に生まれて40年、きっと人より色々な家に住んできました。住んだからこそわかることを思い出しながら今までの経験も交えての考察を残していきます。

小学生の頃から最低限の労力で最大の効果を得るのが私のモットーと言い切っているぐらい、ズボラをかましたいタイプ。なるべくやらないにこしたことはないという超ダラけた性格が導き出した結論は「自分の管理できる範囲内で便利さと管理の手間を天秤にかけて物を持つ」ということ。できるだけ手間のかからない暮らしを日々模索中。

どうせお金を使うならと、クレジットカードやポイントカードを駆使してなるべくお得にお金を使うことにも情熱を注いでいます。

お金の「3つ」のことについて、慢性疾患持ちの考え方
現代社会において切っても切り離せない「オカネ」のこと。お金の稼ぎ方・使い方・貯めることについて日々模索しています。給料がなかなか上がらない今だからこそ、この3軸をうまく見据えて生活しなければ自分の生活は守れません。

CHIKAの家族

同い年の夫と犬2匹と一緒に約築35年の5LDKの家で暮らしています。

MUKKU(夫)

片づけられない人、私と暮らす前は汚部屋住人。ADHD傾向が強いので、すぐどこかにものをポイ。ものを持っているだけで安心するタイプ。

いおた(ヨークシャーテリア)

5歳。いろんなことをよくわかってるワンコ。賢すぎてほんまに犬ですか?と思うことしばしば。とにかく食べることが好き。

ミト(マルチーズ)

5歳。ペットショップの売れ残りを保護。超甘え上手な子ですが、いおたに悪さしたり、トイレしっぱいもいまだたまにあります。

その他

私たち夫婦の両親はそれぞれ健在(スープは覚めるけど飲める距離に住んでいます)。私の母は汚部屋製造機、夫の母も決して物が少ないタイプではありません。特に私の母には少しでも片付けてほしいと思うのですが、かなりの抵抗があるので介護するような状態になるか、亡くなった後でないと無理なのかもと半ばあきらめています。

CHIKAの病歴

不健康です。願いがかなうなら健康が欲しいと常日頃から切望しております。

生まれてすぐぐらいに先天性股関節脱臼になるも自然治癒、但しいまだに右側の関節は左側に比べると動きが悪いまま。2歳ぐらいには鼠径ヘルニアになり手術、傷跡が今でもうっすら残っています。

怪我も多く、脱臼・骨折を計5回、救急車のお世話にもなりました。小さな頃の怪我をきっかけに大人になって手術を伴う歯列矯正(保険適用内)も行いました。

20代後半には蜂巣炎の発見が遅れ、脚を切断する寸前にいたり1年間の寝たきり生活を余儀なくされたことも…

色々な感染症もすぐもらう体質で気管支炎をよく引き起こし最終的にアレルギー体質だったことも影響して気管支喘息を患うことに。数年前に難治性喘息患者となり、生物学的製剤にお世話になっております。

40代になり、女性病が大暴れ。子宮筋腫を育てすぎて尿が出なくなったためレルミナを飲んで小さくして手術。その手術がもとで腸閉塞になり手術…人生において健康な時期っとほんのわずかしかなかった気がします。

入院には慣れっこになってしまったので快適入院リストを更新し続けてます。

入院生活に必要なものリスト(面会NGにも対応)
10年ぶりぐらいに緊急入院しました。その際、夫に荷物を持ってきてもらうようお願いしましたが、なかなか揃わなかった・適量でなかったので、入院中の持ち物リストを作成しておくことにしました。できればいつ入院してもいいように自分で入院準備をしておく...

CHIKAのスタイル

インテリアはシンプル・モダンなものが好き。カラーはモノトーン+レッドを基調に考えています。ただし、ワンコグッズに関しては見分けを容易にするために紺や青色を使っています。

夜逃げで強制的ミニマリストを体験し、その後一時期ミニマリスト生活でしたが、効率が悪くなったので今は効率のいい「モノ」は無理に減らさず持つ、不要になった「モノ」はすぐに処分するスタイルに変わりました。

そもそも物が好きなので、減らしすぎるのも私にとっては楽しみが減ってしまいストレスだったのです。今は使い勝手のいい、自分がホレたものを使うことで幸せなおうちじかんを過ごしています。

スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと
タイトルとURLをコピーしました