収納代行を少しでもオトクに支払う3つの方法

未分類

税金支払いの季節がやって参りました。都道府県や市町村などから届く収納代行用紙を見る度、げんなりしちゃうわけです。納税は国民の義務ですのでイヤイヤながらも納税致しますが、どうせ払うなら少しでもオトクに支払いたいので、最近の情勢も踏まえて収納代行をオトクに支払う方法をまとめてみました。

nanacoにチャージしてセブンイレブンで支払い

nanacoにチャージしてセブンイレブンで収納代行を支払う方法は昔から結構有名なのですが、それ故に乱用されてnanacoや電子マネーへのチャージでポイントを付けないクレジットカード会社が増えてきました。

私もメインのカードでnanacoにチャージをしていたのですが規約が改悪されてポイント還元されなくなり、現在は金額の上限(3万円)はあるもののチャージしてポイントが還元されるリクルートカードを利用してnanacoにチャージし支払いを行っています。

nanacoにチャージしてポイントの付くカード一覧

nanacoへのチャージでポイント還元されるクレジットカードはほとんどなくなってしまったのが現状です。

  • リクルートカード
    リクルートポイント(Ponta)で1.2%還元(上限3万/月まで)
  • Yahoo!カード
    Tポイントで0.5%還元
  • セブンカードプラス
    nanacoポイントで0.5%還元
  • ファミマTカード
    Tポイントで0.5%還元

リクルートカードはnanacoへのチャージだけでなく他の支払いでも還元率1.2%の優秀なカードなのでメインカードとしても十分戦える優秀なカード。1枚も還元率の良いカードを持っていないのであればリクルートカードはオススメなカードです。

ファミマTカードは3つ目の項目としてまとめていますが、そのカード単体で収納代行を支払えるので、ちかくにファミマがなくてどうしてもセブンで支払う必要性がある場合のみ。

WAONにチャージしてミニストップで支払い

WAONにチャージしてミニストップで支払うには2つの方法があります。イオン系のカードでもWAONにチャージしてポイントが付与されるカードは限定されています。そしてミニストップが近くにない場合、ガソリン代の方が高く付きますので条件が揃っている方のみオトクな方法です。

イオンカードセレクト+WAON

イオンカードセレクトで付随のWAONにチャージすると0.5%還元されます。収納代行の支払分にはWAONポイントはつきませんので、還元率は0.5%です。

以前行われていた「わくわくデー」のオートチャージで最大3%還元はもうなくなってしまったので、お得感が減りました。

JAL系のカード+WAON

イオンカードセレクトの旨みがほとんど消えてしまったので、マイラーであればJAL系のカードを使ってWAONにチャージすることでマイルがたまります。ただしJAL系のカードでも参るがたまるのは以下の3枚だけ

  • JAL・JCBカード
  • JALカードDC(VISA/Mastercard)
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカードのショッピング利用時の還元率が2倍になる「ショッピングマイルプレミアム」に加入していればマイル還元率1%になります。

私はマイラーではないのでオトクではなくなったイオンカードセレクト+WAONを利用しています。

ファミマTカード+ファミマ

ファミマTカードは収納代行を支払っても0.5%還元される特殊なカード。ただし、支払いはファミマでのみ。Tポイントで0.5%還元されます。

ポイント早見表(貯まる)
Tポイントが貯まる商品・サービスの一覧を掲載しています。ファミマTカードへのご入会はこちらから。

ファミマをよく多用する方であればファミマTカードを作って、ついでに収納代行も支払うのはアリですが、収納代行の為だけにファミマTカードを作るのはナシかな~と思います。

nanacoとWAONを併用して払う

税金支払い月はnanacoの上限3万円では到底足りないので、nanacoとWAONを併用して支払っています。その他の月も3万円まではnanaco+セブンイレブンで、オーバーする分はWAON+ミニストップで支払うようにしています。

そもそも電気代やガス代などを収納代行で支払っている場合は、還元率の高いクレジットカード払いに変えておくべきなので、まずは還元率の高いカードを持ってできる限りの収納代行の支払いをクレジットカードに変えましょう。その上で、このワザをつかえばちょっとオトクになります。

手間暇かかるので、こういう手間を楽しめる方のみどうぞ。

余談:自動車税は注意が必要

自動車税はクレジットカードで支払える場合もあり、ポイントの付くカードで支払えば得な場合もあります。以下は兵庫県の例。

自動車税(種別割)の納税確認の電子化
納税確認の電子化により、平成27年9月24日から、車検更新時における納税証明書の運輸支局への提示が省略できます。

3週間で電子的に確認とれるけど、支払後3週間以内の場合は納税証明書が要るから注意されたしと。また、業者に委託する場合は納税証明書が要る場合もあるよと。

要するに、委託する業者に納税証明書が必要か事前に確認した上で自動車税をクレジットカードで支払わないと、別途納税証明書を発行してもらう手続きが必要になり、ポイント還元された金額以上に手間もお金もかかる羽目になるかもしれません。

兵庫県の場合、納税証明書の送付はなしなので必要になった場合近くの税務署まで出向かなければなりません。故に、クレジットカードではなく、しぶしぶ収納代行で支払います。イケてない仕組みのせいで関わる人全ての仕事が増える典型例ですね・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
未分類
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント