ルンバ692をゲットして各階で楽掃除化を推進

家事

前回のAmazonプライムセールでもルンバ692はかなりお安くなっていたのですが、今回のAmazonブラックフライデーセールでさらに価格が下がりまして、ちょうど調子もまた下がり基調でなかなか掃除するのがしんどい私に変わって掃除してもらおうと思いもう1個Getしてみました。

1年ちょっと前に最初のルンバをゲットした時の記事はコチラ。わりと辛口だったのですが、結局1年使い続けています。

遅まきながらルンバ643を使ってみたのでレビュー
SoftbankのMNPキャンペーンでiRobot社のRoomba 643を頂きました。以前からルンバは家にあってもいいかなぁ~とは思っていたのですが、なかなか買うほど欲しいという位置づけには至らずずっと見送っていたのです。キャンペーンでは...

ルンバはかなり隅っこの掃除が得意で、まぁるく掃除する私を補ってくれる存在になってくれています。

スポンサーリンク

Amazon限定 Roomba 692 開封

1年間、最下位機種を使って付き合い方を学び、別に上位機種じゃなくてもいいなと理解した上で、最下位機種にWi-FiのついたAmazon限定モデルルンバ692にしました。

ちょっと前からなんどか買おうと思っていたのですが、今回これ以上は安くならないだろうという金額まで値下がり(24,800円)してくれたので速攻ポチりました。

ルンバ 643と比べて、洗い替えのパーツが同梱されておらず、本体、充電ベース、眼鏡ケーブル、説明書のみでした。とにかく、最初を安くして使わせる作戦ですね。

Roomba 692とRoomba 643の比較

左が692、右が643です。

サイズはほとんど一緒。表面のデザインが692のほうがシンプルすっきりになっています。ただ、643でわりと便利に使っていた取っ手がなくなっているのはちょっと手痛いところ。最下位モデルはあまり賢くないので部屋を区切って使うことが必要でして、持ち運ぶのですが取っ手がないと両手で抱えてもっていかなければなりません。

上が692、下が643。パーツはほぼ共通ですね。つくりもほとんど同じです。

分厚さも同じ。デザインがシンプルな分、692のほうが小さく薄く見えますが同じです!

裏もほぼ同じ。フィルターなど共通部品を使えるので、抱える部材が減るのはありがたいことです。

692の唯一優っている点はWi-Fiでつながることなのですが、別につなげなくても使えるのでそのうち接続する…かも?接続したらまた別途レビューします。

Roomba 692を早速つかってみた

掃除能力は643を同じなので、相変わらずジグザグ適当に掃除。なので、広い部屋を掃除させると途中で力尽きることも…引っかかって動けない時も、モームリ!といって立ち止まります。

それでも、家具の下に入って行って細かく掃除してくれたり、手すりの付け根部分を細かく掃除してくれるので、ルンバが掃除してくれたあとは、家の中の線がくっきり見えるようになります。

ルンバが気持ちよく掃除できるように、ごみ箱や犬のベッドなどを上にあげる準備は必要ですがそれさえしておけば、わりと丁寧に掃除してくれるので掃除の手間は大幅に減ります。

今まで2階に置いてルンバを1階・2階療法で酷使してきました。ただわざわざ、1階に持って行って掃除させ、2階に持ち上がるのが大変だったのです。わりと重たいですし、1階を掃除しちゃうと2階の掃除は翌日じゃないと無理でしたし。

兎に角ルンバを使ってみたい!という方は、Amazonセール中がほんっとねらい目です☆

↓↓↓ PLEASE CLICK ↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
家事 家電 時短
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました