今月は返品ラッシュ、めげずに返品作業しつくした

家事の工夫

先月末から今月頭にかけて自作パソコンを組みました。自作のパーツはわりと返品率も高いのですが、とある1パーツが3回連続で初期不具合。他にも代理購入したものが不具合だったり、怪しいなと思っていたお店で買ったものがやっぱり不具合だったりととにかく返品の嵐でした。

安い物から高いものまでめげずに全部返品して返金もしくは交換してもらいました。安いからいいや…っていうぐらいであれば買わないほうがマシなので初めから買いません。

スポンサーリンク

ネットでの買い物は返品のしやすさも大切

同じものを返品してもAmazonは相当早い対応です。返品理由をきっちり書けばすぐに受けてくれますし、受け取り確認したらすぐに返金してくれます。少しの価格差しかないのであればAmazonで買うのがいいなぁと改めて再確認。

大手パソコンショップ店でも土日は荷物を受け取っているにもかかわらず動作チェックをしないので返金は週明けになりました。楽天を経由していたので商品取り消し扱いになり返金自体は早かったです。

零細パソコンショップはやっぱり対応も遅かったです。クレカで買い物しましたが、取り消しまでも日数がかかりましたし、さらに明細反映までもさらに時間がかかったのできちんと処理されるか毎日チェックをいれていました。

返品対応の早さは安心にもつながりますし、後々のチェックの手間も省けるので買い物する前には返品時の対応についても確認しておくのがいいですね。

返品時には不具合箇所をわかりやすく明記しておく

言葉で伝わりにくい不具合箇所の場合、写真で不具合箇所を撮影して印刷し、具体的にココというのを示して返品するようにしています。

以前返品したときに、口頭で伝えただけだと伝わり切らずに問題なしで返ってきて再送したのをきっかけに誰でもわかる方法で送り返しています。手間はかかりますが不具合品に時間をかけるのは嫌なので明記しています。

わかりやすく不具合箇所を記載することで、今のところすべて返品はうまくできています。今回も初期不具合かわかりづらい症状のものには正常動作の場合こうですという写真入りの手紙を同封して送りました。以前、返品で大炎上したお店でしたが無事返品受理されてほっとしています。

荷物は届いたらすぐ動作確認してから梱包材を捨てる

荷物は届いたその日に必ず開封!できる限り当日中に動作確認をして不具合があれば即返品できるようにしています。不具合があれば送られてきた箱と梱包材を使ってそのまま送り返します。

日数経ってから不具合が出てくる場合もありますが、基本的に初期不具合は大抵その日にでるので届いた日に問題なければ梱包材はつぶしてしまいます。

すぐに動作確認ができなさそうであれば買い物を見送ることもあります。初期不具合期間はお店や物によって異なりますが大体1週間なので、遅くても届いてから5日以内には何とかしないと初期不具合対応してもらえないわけです。

初期不具合期間が終わると保証対応になるので、送料がかかったり購入したお店ではなく直接メーカーとやり取りしなければならなくなるため、手間がさらに倍増しちゃうわけです。きちんと時間の取れるときに買い物することで、初期不具合期間を逃すことは防げます。

買い物するということは不具合を引くかもしれないということ

久しぶりに不具合を引きまくりました。続くときは続くんですよね。物を買うということは不具合を引く可能性だってもちろんあるわけです。めんどくさいで放置してしまうとゴミですが、不具合があることを含んで買い物すれば無駄にしなくて済みます。

不具合を引かないのが一番ですが、当たりはずれってありますもんね。不具合を引くことを加味したうえで買い物をすれば余裕をもって対処することができ、無駄買いを防ぐことができます。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
家事の工夫
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント