母がついに断捨離という言葉を口にした

実家の片づけ

実家の片づけに光が見え始めたかもしれません。

暇を持て余してる私の両親、最近は月に1~2回我が家に遊びに来ます。父も母も片付けられない、捨てられない人でして実家は相変わらず物に埋もれています。

昔から我が家に来るたびに片付いたキッチンを見て「あんた、料理全然してへんやろ」という母でして、料理してたらキッチンは片付いていないのが普通と思い込んでいる人でした。

スポンサーリンク

本心は片付けたいと思っているであろう母

もともと私が小さいころ母は美しい部屋を購読していました(私が安藤英子さんを知ったのはこのころです)。母はいい物が大好きな人で、飾り立てるのも大好きな人なんですよ。物が多すぎてうまくいかないですけど。

綺麗にしたいという気持ちは昔からどこかに持っているのだろうとずっと思っています。小学生ぐらいまでは下手くそながらもなんとかある程度は整っていましたし。

汚部屋一直線になったのは父の浮気と浮気相手の女からの数年越しの嫌がらせで母の神経が参って壊れてしまったから。そのころから部屋を綺麗にすることをやめ、物がどんどん増えていきました。

物が傷をいやしてくれるわけではないのですが、そうすることでしか傷ついているということを表現できなかったのかもしれません。本人はそのことに気づいていないでしょうけど。

ここ数年、母は父にもずいぶん強く出られるようになってきましたし、物も少しずつ手放すこともできるようになってきているので、そろそろ片付けることができるのではないかと淡い期待を抱いておりました。

物を捨てないと片付かないのではないか?と気づき始めた

我が家同様、弟の家も子供がいても比較的綺麗に維持されていまして、忙しいという言い訳はそろそろ通用しないということにいやでも気づいている感じです。

私の退院後、我が家のキッチンでおかゆを作ってくれたのですが、その時にお鍋どこ?お米どこ?お塩はどこ?と訊かれ、ソファで横たわったまますべて口頭で場所を伝えたのですが、母は全部把握してるってスゴイになったみたい。

もしかして料理をしていてもきれいなキッチンは存在するのではないだろうか?ということを理解し始めているんじゃないでしょうか(理解はしているけど、認めたくないだけかもしれない)。

そもそも、弟の家も私の家も実家に比べ圧倒的に物が少ないんですよ。もとい、実家が多すぎるだけ…

我が家に遊びに来はじめたころは物が少なくて落ち着かない、気持ち悪いとブーブーいってましたが最近は我が家ですごくくつろぐようになってきまして、しまいには

「お母さん、そろそろ断捨離しなあかんな~と思ってるねん」

と口にしてくれました!これは大進歩。私たちが片付けてほしいと思っていても、本人が片付けたいと思ってくれなければ意味がないのでやっと一歩前進!

行動はなかなか伴わないもの…

だがしかし、先日実家に行ったところ、相変わらず物は積みあがっていました。30年以上片付いていない家なので、そんなもんだろうと思っていますし落胆もほとんどしていません。弟に至っては「口で言ってるだけ」とあきらめているレベル。

頑固者の母なので、私たちがあれこれやろうとするとへそを曲げてしまうのも目に見えていますし、捨てにくいものを捨ててと言われたら引き受けてあげる、手伝ってと言われたら手伝うぐらいにとどめておかないとダメなんです。

それでも実家が片付いてくれると嬉しいなと思っているので、「変化があればほめる、ほめるぞ~~~!」と意気込んでいる娘の私です。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
実家の片づけ
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント