部屋を綺麗に見せるためには収納スペースが必要である

イエノコト

8年ほど前、とある事情があって下見せぬままワンルームのデザイナーズマンションに引っ越しました。3年程度住みましたが、痛感したのは下見をしていれば絶対に借りていなかったということ。

スポンサーリンク

収納が少ないとどうなるか

デザイナーズに住んでいた頃、本当に収納には苦労しました。デザイナーズに住む=荷物を減らせよってことだったのかもしれません。確かにこの頃はまだ荷物を減らす習慣がなく(捨てると親に怒られた)、物が多かったのは事実ですが。

収納と言えば、キッチン兼廊下の上に掘り込まれたスペース。

desiners_room (1)

desiners_room (2)

そして、この写真の右側に写っている90cm幅の衣類収納のみ。

desiners_room (4)

結局のところエレクターを自分で組んで収納スペースを確保したり、水屋を購入したり、衣装ケースをうずたかく積んだりする羽目になったわけです。そして、必然的に目に見える場所に物があふれてしまい、結果掃除がとてもやりづらくなります。

desiners_room (3)

折角のデザイナーズが台無しに

余りに収納が少なすぎて、結局のところ折角綺麗な内装に仕上げてあっても、ものをしまい込む場所がないがために折角のデザイナーズが台無しになってしまっています。

それもそのはず・・・このマンションの間取りはとても奇妙な間取りだったのです。風呂・トイレ・洗面は分譲マンションか!?というぐらい立派な広さと設備だったにもかかわらず、キッチンはお飾りで冷蔵庫を置く場所も、食器や調味料を置く場所さえなかったのです。洗濯パンはキッチンの向かい側に設置されていますがその隣の空間には電気温水器が入っているので洗濯物の仮置き場所すらなかったのでした。

desiners_drawing

その割に中途半端な物入れがあって、自分で家具を買うにもテイストが邪魔をする不思議な部屋で、さらに向きもサイズも悪くとても使いにくい収納でした。

ワンルームで綺麗に住むにはどうすべきか

しっかり収納のある家を借りる

冒頭でも述べたとおり、下見をしていれば絶対に借りませんでした。不動産屋が物入れは実際にもっと図面より大きいです等嘘八百並べたおかげで信じてしまったわけですよ。希望的観測とでも言いましょうか。

折角10畳もある家でしたが、収納がしっかりある8畳の家の方が絶対に住みやすかったと思います。

荷物を減らす

この家に引っ越して来たとき、3トンのトラックで引っ越してきました。とても荷物が多かったのです。住み始めたときは一人だったので、一人の荷物量としてはとんでもない荷物量でした。今の夫と一緒に住み始め、夫の荷物を置くにあたり随分物を減らしたので、出て行くときは2トンロングと僅かに荷物が減りました。このときはベッド以外の大物家具は水屋以外はなかったので、細々とした荷物はまだまだ多かったのです。

結局、いくら収納が多くても結局荷物が多ければ収まりきりません。洋服は90cmのクローゼットに収まる量、それ以外のものもミカン箱サイズの段ボールに10箱程度ぐらいまでがワンルームで綺麗に過ごせる限界量かなと思われます。

収納が少なければ収納を作る

IKEAやニトリなど安くてもまだ見映えのする家具を取り扱っているお店でテイストを揃えて収納を作りだすことが必要。ただ、ワンルームに合わせた家具を購入すると、結局その家でしか使えない家具になってしまい長い目で見ると無駄なお金を使うことになりかねません。先を見据えていい家具を買うのも一つですが、次引っ越す先にきっちり収納があったら、不要になることを考えるとどちらも現実的ではありません。

結論として、部屋を綺麗にするにはやはり十分な収納スペースが必要であり、自分の荷物量をしっかりと把握した上で部屋を借りることが重要ということ。そしてかならず借りる部屋の下見はしましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

イエノコト
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

おうちごと

コメント