お金の「3つ」のことについて、慢性疾患持ちの考え方

お金イメージマネー・節約

現代社会において切っても切り離せない「オカネ」のこと。お金の稼ぎ方・使い方・貯めることについて日々模索しています。給料がなかなか上がらない今だからこそ、この3軸をうまく見据えて生活しなければ自分の生活は守れません。

お金を稼ぐ

就職氷河期に就職して以来、病気と介護の間だけ無職になりましたがそれ以降はずっと働き続けています。結婚して専業主婦になるつもりもありませんでしたし、今後もなるつもりはありません。仮に夫が倒れたり先立たれたときに、最低限生活していけるだけの稼ぎは確保できるようにしておきたいのです。専業主婦をしている間に自分のスキルはどんどん落ちてしまうことが私の一番の恐怖。私の母はずっと専業主婦でしたが、父の会社が倒産したときの母は哀れでした。自分が稼いで自分で生計を立てられない恐怖を味わうのはイヤです。

それに、家電がこれだけ発達してくれたおかげで専業主婦をするととてつもなく暇な人生を過ごすことになりそう。性格的に家に閉じこもりがちな性格をしているので、世の中とのつながりを持つためにも仕事をしています。時は金なり、暇な時間をもてあますなら少しでも稼いでいる方が精神衛生上、私には幸せな時間です。

夫は自営業なため、収入が安定しません(といっても毎月私の給与以上にしっかり稼いでくれていますが)。それも私が働く理由です。自営業主が倒れたときが一番悲惨です。サラリーマンではないので、傷病手当もありませんし、労災もありません。共倒れにならないためにも私はサラリーマンを続けるつもりでしたが、病気のため自分も自営の道に入らざるを得なくなってしまいました。結果的に自由な時間に働くことができ、収入も増えたのでよかったですが、不安定なのがネックなんですよね。

文章を書くことが好きなので、ブログでのアフィリエイト収入を副業にしています。夫も私が書くブログを楽しみにしてくれているので、ブログネタも二人で楽しく考えています。趣味と実益を兼ねているスタイルなので楽しんでやっているのです(これは本当に副業のお小遣い程度なので、世の中のスゴイブロガーさんたちには到底及びません)。

お金の使い方

とある人物に刃物で刺されたり(たいしたことの無い怪我)、父親の事業失敗による銀行口座封鎖・破産、診断ミスによる病気での寝たきり等々、普通ではあまり体験しないようなことを体験したせいか、人より死を身近に感じています。二輪に乗っていることもあるのでいつ死んでも後悔しないようにお金を使っています。

無駄なお金は費やさない代わりに、必要だと感じた物・持っていて幸せなものはいいものを買い長く使うスタイルです。物が多すぎる生活は苦手なので、ほどよくもって効率的に生活できるようにしたいですが、家で仕事をしている兼ね合いもあってそのバランス取りがなかなか難しいです。

物を買ってしまえばそれに縛られますが、お金で置いておけば縛られません。好きなときに好きな物を縛られずに買うためにお金で置いておくという考え方が好きです。

支払時はほぼ電子マネーかクレジットカード。管理はMoney Fowardを利用し、カードや電子マネーの使用履歴を自動で収集して一発で確認できるようにしているので、勝手に家計簿ができあがるため収支管理もラクラクです。現金支払は滅多にしないため、財布の残金は1万円を割り込んでいることが殆どです。

お金を貯めること

年収330万の時代に2年で400万ためました。この頃は貯める理由があったため、本気で1円単位の意識を持って貯めていました。今は悔いなく生きることをモットーにしているので貯めることはあまり考えていません。

貯めていた頃は毎月、給料が入った段階で勝手に積み立てに回るようにしていました。手持ちのお金が自動で預金されるようにしておかなければなかなか使い込まずに貯めるのは難しかったです。その上でボーナスは一切使わずを貯蓄に回すと決めていたので、きっちり目標額に到達しました。

今はとり立ててお金を貯めなければならない理由がないので、節約してきっちり貯めるということはやめました。今を生きられなければ意味はありません。1年は食べていける貯蓄と、欲しいときに買いたい物が簡単に買える(20万程度の家電を予想)金額があれば、1年でなんとか生活を立て直すことができるんじゃないでしょうか。

どうしようもなくなったら社会保障になんとかしてもらう気持ちでいます。そういう気持ちでいないと今の世の中でマトモな神経を保って生活していくのはもう困難です。

お金を貯めるためにギスギスするのはバカらしいのですし、ギスギスせずに貯める方法を自分で模索するのが大切です。

 

若い頃は蟻とキリギリスに例えるならキリギリスタイプでしたが、さまざまな事柄・病気を経て今はアリタイプになっています。子供がいない夫婦故の結果ですので、何が正しいとはいえませんが、最期の日まで楽しく過ごせるようにするためにお金は必要なのでこれからも付き合い方を模索し続けます。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
マネー・節約
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント