タイルや便器の黒ずみを簡単に掃除する方法

シェアする

入居した当時から、1階のトイレ・2階のトイレ共に手を洗うロータンクの蓋部分が黒ずんでおりまして、メラミンスポンジでこすったり、カビキラー掛けてみたり色々してみたのですがなかなか取れず心が折れておりました。

乾いた状態の衛生陶器を掃除する「こすってクリーン」というスポンジ付きのやすりを見つけましたので購入してみました。

業務用なので10枚からの購入・・・

個人で使うので1枚でいいのだけど、バラ売りはされておらず箱買いしました。これで汚れが落ちなかったらどうしてくれようと思いつつ購入。楽天のポイントで太っ腹購入しました。

こすってクリーンの使い方

スポンジではなく研磨剤なので、使い方を誤ると傷が入ります。簡単にいうと力ずくでこすると傷が入るので、乾いた表面をこすってクリーンでこするとポロポロとあかすりのように汚れが取れるのです。

表面は両面とも紙やすりになっています。

間にスポンジが挟まっていて余分な力を逃がしてくれる仕組み。

1枚で使うには大きいので1/4にカットして使いました。

トイレのロータンク蓋部分を掃除してみた

今日は忘れずにBefore写真を撮影したのですが、写真だといまいち黒ずんでいる部分がよくわからないのですが、肉眼だと薄汚れているのがわかるレベルでした。

こすってクリーンでこするとポロポロと黒ずんだ細かいゴミがいっぱい出てきました。やっぱりこんなに汚かったんだ~。

After。結局写真ではよくわかりませんが、かなり綺麗になりました。掃除したと伝えていないのに、夫が感動してタンクの蓋が綺麗になっているとわざわざ報告しにきてくれるぐらい!

あくまで陶器製のものだけ

我が家のトイレは陶器製なので、軽くこすってつかえるこすってクリーンは大活躍ですが、Panasonicのトイレは樹脂製なので使えません。また、陶器製でも特殊コーティングされているトイレではコーティングが落ちる可能性もあるため、利用時にはご注意ください。

その後、お風呂のタイルも乾いた面だけこすってみましたが、石けんかすの白い粉がかなりフワフワと発生しました。これはスゴイ。寒いのでGWぐらいにお風呂のタイルは乾かした後に徹底的にこすってやろうと思っています。

風呂タイルを掃除する場合は、石けん粉のカスが舞うのでマスクは着用した方がよさそうです。

コレはスゴイ~♪

ブログ村
スポンサーリンク







シェアする

フォローする