庭の花壇を春から秋まで楽しめるようにした

シェアする

昨年、夫の両親に花壇を作っていただきました。マンション住まいだったため、土いじりに関しては何の知識も持たないので、とても詳しい義理の両親に頼ってばかりいます。頼るどころか、ほぼすべてを私のあいまいなイメージをさらにあいまいな言葉で伝えていい感じに仕上げてくれる両親には感謝感謝です。

今年も素敵なエントランスに

冬にちょっと用事で我が家に来てくださった際、ビオラとチューリップを植えてくださったので、花壇の半分はチューリップとビオラがきれいに咲いています。ここまで爆発的に咲くとお母さんも思っていなかったみたいで、やはり日当たりがいいと生育が違う!と驚嘆されていました(実家は日当たりがよくないのです)。

庭の半分は去年植えたマリーゴールド等の花が終わった段階ですべて抜いて土だけの状態にしていたので殺風景な状態でした。

ダリアを中心にした花壇に

今年は赤のダリアを中心にした花選びにしました。昨年の花苗も日当たりがよかったおかげでかなり繁殖しましたのでそれを加味して、今はちょっと土が多く見える状態の量しか植えていません。

きっとこれからの時期、さんさんと日を浴びてわさわさと繁殖していくだろうと思うので、夏ごろたくさん茂ってたくさんの花を咲かせてくれるのが今から楽しみです。

ビオラは5月まで楽しめるので、それまではこのままで行こうと思っています。その後はまた秋まで維持できるお花を植えるかどうしようかまだ検討中。

あとは秋まで水と肥料だけ

いつもこの時期にお母さんが土もちゃんとしてくれるおかげで、土いじりド素人の私でもなんとか枯らさずに秋までそれなりの庭が保てています。

たまにお花の処理や雑草を間引いたりすることはありますが、基本的には水とたまに肥料をやるだけで済むので共働き夫婦でもなんとか保てています。仮に専業主婦であっても私はマメにできないでしょうけど。

春の憂いはこれですべて解消されました。

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

ブログ村

ブログ村

ブログ村に参加しています。応援投票してくださると嬉しい!
スポンサーリンク







シェアする

フォローする