猛暑すぎて元寝室に布団を敷いて寝ています

寝室

7月の大雨まで、夜は過ごしやすい気温だったので冷房なしで過ごせていました。大阪への通勤圏内に位置する場所ですが少し標高が高いのと田舎なので夏でもそこそこ夜は過ごしやすい地域なのです。

しかしながら今年は大雨が明けた後、いきなり猛暑日が続きまして夜も気温が下がらずクーラーなしでは生活できないレベルになっています。

新寝室にはエアコンがない

夏前に寝室を南西の部屋に移動しました。窓の位置的に私たちの生活に一番適した部屋なので、今後はは寝室をここにしようと決めたのですが、この部屋にはエアコンがないのです。

エアコンのオンシーズンすぎて今は一番高い時期のため、エアコンを買うことに対して躊躇しているため、こんな中途半端なことをしているのです。

北東の部屋にとりあえず避難

当初、8月に入れば涼しいという話だったので、7月中は北東の部屋に布団をしいてやりすごせばいいわと考え、毎日北東のエアコンのある部屋に布団を敷いて寝ています。久しぶりに布団で寝るのですが、やっぱりベッドがいいな~と毎日ぼやいている始末。

8月に入って涼しくなることを願っていたのですが、祈りは裏切られ8月も暑いので諦めて新寝室にエアコンを買おうか真剣に悩んでいます。あと1か月もすれば涼しくなるだろうと思っているのですが、残暑も厳しいのかしら…

毎日布団を干す生活

毎朝起きるたびに布団が湿気をかなり含んでいます。ベッドだったら下に隙間があるので風で湿気が抜けて窓さえ開けておけばカラっとしているのに。

最近は起きたらすぐに階段の手すりに布団を干して湿気を抜き、ずぼらなので寝る前までそのまま風を通しています。布団の両面に風が通るだけで外に干さなくても布団が軽くなっているので、室内干しでも十二分に価値あり。

寝ている間にコップ1杯の汗をかくといわれていますが、万年床にするとその湿気でカビが発生してしまうので、しんどくても布団を干すことだけは頑張っています。寝るときはカラっとした布団に寝たいし!

布団を干さないと掃除ができません。クソ暑い上に布団干しという朝の手間が増えてしまい、ズボラでな私は掃除への熱意がかなりそがれています。やっぱりエアコンが欲しいなぁ。

プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
寝室
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント