フローリングでも疲れないスリッパ選びのコツ

健康維持

ここ数年、室内用のスリッパをスニーカーソールのスリッパにしています。在宅で仕事をしているので家の中をウロウロしていることが多く、普通の室内用のスリッパだとすぐに足が疲れて腰が痛くなるのでガッシリとしたスリッパを履くことにしたのです。

しっかりとしたスリッパを履きだしてからは腰を痛める頻度も減り、家事をしていて足腰の疲れもかなり軽減されました。

スポンサーリンク

ソールがしっかりしているスリッパを選ぶ

靴の履き方を教えてくれた靴屋さんでスリッパの選び方も教えて頂いたのですが、ザックリと言えば足の甲がぴったりしていてソールと足裏がちゃんとひっついていること。そしてしっかり歩けること。

簡単なように見えて実はこの条件を満たしているスリッパってあまりないのです。

ただ、最近はスニーカーソールのスリッパも増えてきたので少しずつ選ぶ選択肢が増えてきました。甲の部分のサイズを変更できるサンダルが選べるとベストですが、なければ試着してジャストフィットするものを選びましょう。

例を挙げるならこんな感じ。スポーツスリッパで検索すると色々でてきます。

マジックテープで自分の甲のサイズにフィットできるものを選ぶと間違いありません。

愛用している室内サンダルはTEVA

数年前にTEVAに出会って以来ずっとTEVAを愛用しています。室内ではTEVA Slideを履いていたのですがこれが廃盤になってしまってどうしようかと思っていたら、リニューアルされていたので購入してみました。

画像ではよく分からなくて甲の調整ができればいいなと淡い期待を抱いて注文しましたが、ここは改悪。ゴムで僅かに伸縮するのみに改悪されていました。

裏のスニーカーソールもちょっとレベルが下がっています。ただ、室内で履く分には外用ほどのグリップは要らないのでこれで充分かな。その分安くなってますし。

履いてみたらジャストフィット。以前のSlideは紐2本目ぐらいまでの位置までしか固定されなかったのでカカトが浮きやすかったのですが、VOYA Slideは土踏まず部分まで固定されるので歩きやすさUPです。

サイドから見るとカカトの浮き具合がわかりやすいです。スリッパの割に少ないのでペタペタ言わないし快適。(カカトがガサガサで悲しい)

総じて前のSLIDEより履き心地も歩き心地もいいので快適です。

ただ、このTEVA VOYA SLIDEは万人にはお勧めできません。足の甲が細くて薄い人向け。ニューバランスのスニーカーの横幅Dサイズが余裕で履ける人でないとこのサンダルは履けません。それぐらい細い作りです。

メンズには甲サイズを変更できるバージョンもあるので、レディースにもコレを出して欲しいなぁ。

ちなみに同じ足のサイズでもレディースとメンズのソールは作りが違うので女性が男性用のスリッパや靴を履くのはオススメできません。逆もまたしかりです。

毎日使うモノこそちゃんとしたものを選んで健康に過ごしたいですね。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
健康維持
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント