消し忘れても大丈夫、スマートプラグを使ってヒーターを一括管理

仕事場

デスクで寒さに凍えながら仕事をするのはツラいので、電気ひざ掛けと電気マットを利用して仕事をしています。どうせだったら仕事開始前に温めたい!切り忘れても大丈夫な仕組みが欲しい!と思っていたのですが、ついにそれをかなえるグッズ「スマートプラグ」をゲットしました。

スポンサーリンク

TP-Linkのスマートプラグでオンオフを管理

もともと最初はコンセントタイマーでヒーター類をコントロールをしようかと考えていたのですが、使わない日も電気を使うことになってしまうので勿体ないし、ほかに何かいい方法はないのか?と探していたところ見つけました。

色々な会社がスマートプラグを販売しているのですが、昨年我が家のルーターをTP-Linkにしてとても使い勝手が良かったこともあり、スマートプラグもTP-Linkのものを購入してみました。

夫も使うだろうと思って2個入りをGET。そのまま2か月ほど配線に悩んで放置していました。

無線Wi-FiルーターのDeco X20もデザインがかなりシンプル綺麗なのですが、このプラグも同じようなデザインを踏襲していてシンプルに仕上げられています。

サイドにはスイッチも準備されています。このスイッチでもON/OFFができる優れもの。シンプルだけどとてもよく考えられていますね。

側面には詳細なスペックの表記が記載されているので、この面が見えるとダサいですけど…

Nの文字があるということは、プラグの差し込む向きに気を付けて使わなければならないヤツです。最近、アメリカでも販売する機器が入ってきていてこのタイプ増えてきましたね。

早速コンセントに接続してスマホにKasaアプリをダウンロードし、設定(設定方法は指示通りやれば簡単にできるので割愛)。いったんAlexaやGoogleアシスタントを使わずで設定しました。今後もしかしたら音声でコントロールしたくなるかもしれないので、プラグの名前を言いやすいように「ちかもうふ」にしておきました。

スマホの画面上でON/OFFができるので、音声でお願いしなくても十分便利なので多分このまま使います。むしろ、個人的には声出す方が面倒で…。ちなみにアプリ上で操作すればON/OFFのスケジュール管理もできますし、タイマーやおでかけ設定などできる多彩さ。

来年のクリスマスツリーの管理はこのプラグでやろうかしら?プラグの稼働時間までみられるので統計好きな方はかなり楽しめるグッズになっております。

スマートプラグと電気ヒーターの配線

足元には電気マットを敷いています。このマット、色だけで選んで買ったんですけどね、コントローラーのケーブルが短すぎて座った状態でコントロールできる場所にコントローラーを持ってくることができないという残念な仕様…ゆえによくスイッチを切り忘れます。

そんなに温度は変えないので、簡単にON/OFFできるようになればいいのにとずっと思っていたわけですよ。

脚から腰に掛けては電気ひざ掛けをクルリと巻いて座っています。メッシュの椅子はね、夏は涼しくてすごく快適なんですが冬はめちゃくちゃ寒い!わかって購入しましたけどやっぱり寒い!なので、電気ひざ掛けも必須です。

この2種類をどこからでもコントロールしたいとなると…

ダサいけどタップをはさむしかないわけで…手元にあったタップがこれだけだったのでいずれもうちょっとこましなタップに差し替えるかも…できればHS105のスイッチが手前にくればよかったんですけどね、差し込んでるタップもNが決まってまして泣く泣くこの向きで使っております。物理スイッチが触りにくい…

見た目相当微妙なので…ペン立てで隠しました。私から見えなければそれでいいんです。

配線を整えてスイッチON!無事、電気マットも電気ひざ掛けも同時にONされました。便利ですよ、便利。

これで朝の支度してるときにスマホでONにしておけば、仕事し始めるころには暖かいし、寝る前に切り忘れた!と思い出してもベッドの中から操作できます。もちろん外出先からも確認できますよ!

それぞれの家電製品がWi-Fiで制御できるようになれば不要になるグッズなので、早く各社対応してくれないかなぁ~?

↓↓↓ PLEASE CLICK ↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
仕事場家電
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク
おうちごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました