停電時にはスマートフォン充電をマキタのバッテリーで行うことにした

雑貨・小物

台風21号で近畿各地は停電に見舞われました。我が家は幸いにも停電せずに済みましたが、1kmも離れていない地域が1日以上停電状態が続くなど決して人ごとではないのだと再認識しました。

少しずつ災害への備えを進めていますが、今回はすでに家にある物、マキタのバッテリーを活かしてスマートフォンの電源を確保するツールを準備しました。

マキタは電動工具以外にも色々な物がある

マキタのハンディークリーナーを使い始めてから、電動ドライバーやブロワー・トリマーなどを使うようになりました。共通のバッテリーを使用できるので最初の初期費用(バッテリーと充電器)はかかりますが、一度買ってしまえば工具代のみで手に入れることが出来るので一気にハードルが下がります。

話を元に戻しまして、マキタは電動工具のメーカーとして有名ですが、実は工具以外にもバッテリーを使った色々なグッズが存在するのです。

充電式スピーカー

バッテリーを利用したスピーカー。Bluetoothにも対応しており、スマートフォンの充電も可能。ラジオがついていれば尚良かったのに。USBメモリに音楽データを保存しておけば音楽データの再生も可能なのでスマートフォン無しでも音楽を楽しむことが出来ます。

ACアダプターもついているので電気を取ることが出来る場所ではACアダプターを接続して利用できます。

充電式ラジオ

前述の充電式スピーカーにラジオがついていないのはこの充電式ラジオモデルがあるからでしょうね。でもちょっと大きすぎるのです、コレ。ラジオがついていてBluetooth接続にも対応しています。USBメモリの音楽再生はできません。

こちらもACアダプター付なのでコンセントに繋いで利用できます。

充電式コーヒーメーカー

保温マグもついたコーヒーメーカー。マキタが販売しているカフェポッドでコーヒーを淹れることが出来ます。自分で用意したコーヒーも付属フィルターを使って淹れることができるので好きな銘柄を自分で用意して楽しむことも可能です。

このコーヒーメーカーはACアダプターなしの為、バッテリーが必要になります。ACアダプターで利用したい場合は旧型番CM500DZがおすすめ。

バッテリーをモバイルバッテリーにするアダプター

色々なバッテリーをできるツールがある中、一番単純だけれども一番必要かもしれないグッズが存在していたのです。なぜ公式サイトにこの製品の情報が載せられていないのか不思議で仕方ないですが、カタログをもらわないと知り得ないグッズが今回購入したUSB用アダプタ「ADP05」。

存在を知った瞬間、購入しました。モバイルバッテリーは別に持っているものの、USBガジェットが多い我が家では電池化できるものが多ければ多いほど助かるのです。

ベルトに差し込んで使えるようにベロもついています。マキタグリーンしかないのが残念。白黒デザインだったらもっとよかったのにな~。

バッテリーをスライドして差し込むだけでモバイルバッテリーになります。単純だけどスゴイ。

実際バッテリーを差し込んでみました。バッテリーは結構な重さがあるので、基本は自宅で緊急時に利用するだけの物になりそうです。現場仕事をされている方はベルトやズボンにはさんで外でも利用されると思いますが。

ON/OFFスイッチも用意されており、USBポートはシリコンカバーで隠されています。

スマートフォンを充電してみました。問題なく充電できています。

このアダプター、流石だなと思うのはちゃんと2.1Aに対応していて、同時充電も可能なこと。アダプターとしては少し高い気がしますが、その分抑えるべきポイントはしっかりと抑えられた堅実な製品でした。

いざというとき用ではなく普段からも使える物

災害時に使うためのグッズを少しずつ準備していますが、なるべく普段から利用できる物を買うようにしています。普段使っているものに+アルファするグッズだといざというときにも使い方が分からないということもありませんし、定期的に使えるかどうかを点検する手間も省けます。

いざというときにすぐに使えるようにバッテリー充電器のそばにセットで収納しています。バッテリーの充電を忘れずにしておかないと無用の長物になってしまうので掃除機をかけ終えたらバッテリーを充電するところまでをルールにしないといけませんね。

コメント