使いやすいアイロン台探し2年の結果、ロレッツに!

シェアする

この家に引っ越すときに前のアイロン台を捨てました(カビが生えてしまったのです)。最近は特にアイロンをする必要性のない衣類を選んで購入していることや、夫も私もスーツを着ることがないので困っていなかったのですが、なぜか夫がアイロン台をいい加減に買いなさいとしつこかったので購入しました。

唯一困ることといえば、裁縫するときに布に折り目をつけることができなかっただけで、裁縫も時間がなくてできなかったのでやっぱり困っていなかったのです。

結局2年以上アイロン台を購入しなかった理由は必要でなかったからということもあるのですが、今度買うときはしっかりとしたいいアイロン台を購入しようと思っていたこともありました。

アイロン作業は家事の中でも1・2を争うレベルで嫌いな作業なので、これで使いにくいアイロン台を購入したところで前回同様カビを生やしてしまう結果になるだろうことは容易に想像がつきました。

アイロン台を買うにあたっての条件

・立っても座っても使える可変式
・力を掛けてもゆれない
・盤面が広い
・アイロンの仮置き台もついている

検討途中で悩みになやんだ山崎実業

ロレッツがかなりいい値段なので、山崎実業のアイロン台にしようかと思っていました。ちょうど山崎実業のほしかったアイロン台の実物を見ることができたのでいろいろ試してみたのですが、力を掛けると心もとないぐらいグラグラするのです。

軽さは魅力でしたが、軽くするにはフレームの強度を削るしかなかったのかもしれません。軽くてしっかりしているというのは相容れないのだなと。そもそもある程度力を掛けて作業するものなのでこの段階で軽量であることは選択肢から除外すべきだと気づきました。

盤面の広さは作業効率につながる

狭い机での作業は広い机での作業より何倍も時間がかかりますが、アイロンの作業も同様のことが言えます。ちいさい盤面でちまちま掛けるなんて、そもそもアイロンが嫌いなのに苦痛すぎて耐えられません。裁縫する際に大きな布を広げることを考えるとなるべく大きな盤面のものにしたかったのです。

でかすぎるやろと夫に言われましたが、個人的には大きな盤面で一気にさっとアイロンできる幸せは手放せません。アイロンしやすい環境を整えておかなければいつまでたってもアイロンしませんから。

ロレッツはロレッツでも限定品

先のとがったアイロン台は好きじゃないんです。ロレッツを長らく買わなかったのは船形なのが嫌だったから。今回購入したお店限定で長方形型のものが販売されていたのでコレだーーー!と思いまして購入。ついに決まったわけです。

値段が値段なので、なかなかポンっと買える物でもないので、生きている限りはこれを使うぐらいの気持ちで購入したわけです。

にくらす限定のロレッツアイロン台

立てかけるとデカいですよ、なんていったって160cmですから。私の身長より少し低いだけ。色味が白・黒・シルバーしかないのでスッキリしています。

立てかけるなら表面が見えるように立てかけておかないとごちゃっとします。洗濯してからすぐにアイロンを掛けるので、洗濯室においています。

広げてみました。41~94cmまでの間なら可変するのでベストな高さにセットすることができます。地味に感動です。

試しにアイロンとズボンをおいてみました。ズボンは置き換えなしに一気にプレスすることができる。これはちょっとした感動です。

小さなアイロン台で作業していると衣類の端をアイロンしようとしたら衣類が落ちてイライラすることが多々ありましたが、広々使えるので衣類を落とすこともなくなりました。

あとはやっぱり腰が痛くない、そしてアイロン作業が超早くなりました。

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

ブログ村

ブログ村

ブログ村に参加しています。応援投票してくださると嬉しい!
スポンサーリンク







シェアする

フォローする