カトラリーを実家でもらったセットと総入れ替え

キッチン

実家からもらってきたカトラリーセットですが、よく見るとシンプルで使いやすそうなデザインの物でした。更によく見てみると実はかなりいい素材のものの様子だったのでじっくりと観察してみることにしました。

スポンサーリンク

カトラリーセットはAZUMA Imperialでした

株式会社アヅマのインペリアルというブランドのものでした。今もなお販売されている息の長い製品です。食器やカトラリーは買い足したり買い換えたりできるのがいいですよね。

OEM元は新潟県燕市の荒澤製作所。燕市と言えば金属加工で昔から有名で、燕市で作られているものであればさぞかしいい物だろうと判断しちゃうわけです。ちなみにメーカーサイトでのうたい文句は以下の通り。

気品に輝くインペリアルシリーズ 《ダブル・エイティーン》
正統なフォルムのなかに優美な輝きを放つ本格的テーブルウェア
現代の先端技術から生まれた最高の素材18-18ステンレス(クローム18%・ニッケル18%以上を含む)を用い、ステンレスの中で最も明度が高く、耐食性,機能性、美しさを極めた格調高い食卓の名品です。

荒澤製作所公式サイトより抜粋

母が私にくれたのは38pcsのセットでした。大体税抜5万円ぐらいのセットみたいです。38pcsのセット内容は・・・

  • ディナースプーン 5pcs
  • ディナーフォーク 5pcs
  • ディナーナイフ 5pcs
  • スープスプーン 5pcs
  • コーヒースプーン 5pcs
  • アイスクリームスプーン 5pcs
  • ケーキフォーク 5pcs
  • サービススプーン 1pc
  • サービスフォーク 1pc
  • グレービーレードル 1pc

母曰く、結婚祝いのお返しだそうな。元々父が商売をしていたのでその兼ね合いで結婚式に呼ばれることも多く、都度それなりの額を包んでいたみたいなので、お返しもその分いいものだったんでしょうね。何年実家に眠っていたのかは不明ですが・・・

現在はこれだけ多くのセットは販売されておらず、一番多いセットで30pcsでした。あとの8pcsはあってもなくてもいいようなものなので、最初一気に揃えるのであれば30pcsでちょうどいいように思います。

使う気になった理由は18-18ステンレス

デザインもさることながら、使いたくなった理由はスプーンの素材にありました。18-18ステンレスなのです。18-18ステンレスとはクローム18%・ニッケル18%以上を含む素材という意味で、ニッケルの含有量が上がれば上がるほど口の中での金属感がなくなり、料理がおいしく感じられるようになるのです。

日々使う物なので、どうせ持っているのであれば手放さずいいものを使おうと思いましてカトラリーの総入れ替えを行いました。

カトラリー収納を大幅見直し

スープスプーン、アイスクリームスプーン、サービススプーン、サービスフォーク、グレービーレードルが増えたのでカトラリー収納を大幅に見直しました。

一番左の引き出しには普段よく使うカトラリー

左から夫のお箸、私のお箸、ディナーフォーク・ケーキフォーク、ディナースプーン・コーヒースプーン、ディナーナイフ。普段の食事の際はこの引き出しさえ開ければ全てが揃うように収納しています。

左から2番目の引き出し

左からアイスクリームスプーン・グレービーレードル・スープスプーン、サービススプーン・サービスフォーク。残り3スパンはとりあえず開けています。

というのも、追加でインペリアルのカトラリーを購入したから。ソーダスプーン×2、バターナイフ×2、マドラー×3を購入しました。夫が今持ってるカトラリーを全て置き換えようと提案してくれたので乗っかりました!

現在使っている無印良品のカトラリーと比較

ここにあるのは全て無印良品のカトラリー。18-8ステンレスでヘアライン加工されています。シンプルなデザインで気に入っていたのですが、流石に18-18ステンレスの前では吹っ飛びますね。

左がインペリアル、右が無印良品。ディナースプーンを比較してみましたが、インペリアルはとにかく持ちやすい。そして、スプーンを口に入れたときの口当たりが良く、金属感がほんとない。価格差は歴然ですね。

ちなみにインペリアルは結構ずっしり重く、ディナースプーンでも54g。

無印は42g。

無印良品のカトラリーを使い慣れているとインペリアルはかなり重く感じるのですが、数日もすればきっと慣れるでしょう。無印良品のものはメルカリに出してみて売れなかったら廃棄予定。勿体ないけど置いてても使わないですし。

メンテナンスしやすいステンレスでよかった

このセットが銀製品であれば迷わず手放していました。銀製品の場合は食洗機に放り込むこともできませんし、錆びないように磨かなければならないなどかなり気を遣わなければなりません。全然マメな性格ではない私には銀製品はどだい無理なカトラリーなわけです。

今回、18-18ステンレスというメンテナンス性も非常に高いカトラリーだったことも入れ替える気持ちに拍車をかけました。迷わず食洗機に放り込めますし!ズボラでも使えるというのが超大きなポイントです。

日々使う物をこうしてレベルアップできて幸せ。料理の腕はなかなか上がらないけれど、カトラリーがレベルの底上げをしてくれるのはほんと助かるな~。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キッチン雑貨・小物
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

おうちごと

コメント