分譲マンションに住むのは覚悟が必要

シェアする

マンションのくい打ちデータが偽装されていたことが世間を騒がせていますが、偽装以前の問題で分譲マンションに住むのは一軒家に住むの以上に覚悟が必要となります。

すぐに入居はできません

新築物件に入居する場合、完成してからすぐに入居が出来るわけではありません。1Fを購入されたかたであれば比較的すぐに入居ができるかもしれませんが、荷物の搬入にエレベーターが必要な階数を購入したら入居は順番待ちとなります。

例として、全戸数100個のマンションを購入し、1階が8戸のマンションだとすると残り92戸はエレベーターでの荷物搬入が必要となる。エレベーターが1基の場合、1日2軒の引越がせいぜいなので、毎日コンスタントに引越作業ができたとして46日間かかります。

生活音との戦い

どんないいマンションでも物で仕切っている以上、生活音はある程度漏れてきます。マンション生活で気になるのは足音、椅子の引きずる音など下の階の人間は上で起こる床の音に悩まされます。マンションに住む以上、お互い様な部分はありますが、椅子には靴下をはかせる、子供がいる場合はクッションマットを敷くなどの対策が必要になります。

子供がいない家庭には、子供ですからなんていう言い訳は通用しません。子供が小さくて走り回る年齢の頃は貸家やマンションの1Fに住むことが子供の成長にとってよいように感じます。

エレベーターの隣も結構音が響きます。構造上気にならないようにエレベーターの横は風呂やトイレを置くなどの工夫はされていますが、昼間は気にならなくても夜になると結構気になるかも知れません。

エレベーター待ちの時間

高層階になればなるほど痛感しますが、エレベーター待ちの時間が長い。出勤時間はどうしても重なりがちなので、なかなかエレベーターに乗ることが出来ません。

仮に10階だてのマンションに住んだとして、10階から1階に降りるまでの時間を計算してみると毎日勿体ない時間だと感じざるを得なくなります。1階あたりの開閉及び乗り込みが40秒だとして、3階までの住人は階段を使ってくれると仮定。10階から1階に降りるのに約5分もかかる計算になります。これが3階でも2階でもとまったら約7分。もっと高層になればなるほど時間はかかります。

忘れ物をしたときがホント地獄・・・一気に出勤する気力が失せます。

意見が纏まらず決まらない

実家のマンションは阪神大震災の時に少なからず影響を受けました。その際、修繕を行おうとしたのですが、修繕自体不要などいう方もやっぱりおっしゃるわけです。今回の横浜の偽装マンションでさえも、建て替え反対という方が少なからずいらっしゃいます。様々な理由があるため一概におかしいとは言えませんが、様々なことがなかなか議決されないという覚悟は相当必要です。

修繕積立基金はあてにならぬ

マンションを購入したあとも、マンションを維持するために修繕積み立て基金という形で毎月いくらかを支払って積み立てていく形になります。が、これ実は滞納している人もわりといるんですよね。仮に、住人の半数が滞納している状態にでもなれば修繕する時期にきても修繕できず住人が離れていく悪循環に陥ります。

便利と覚悟を天秤にかけよう

マンションは鍵一つで出かけられるし、ゴミ出しも楽なことが多い。管理人がいるので掃除も家+ベランダ程度で済むことを考えると便利な点も多い。しかしながら、人生で一番大きな買い物と言われる家をほんとうにマンションにしていいの?住み替え前提で考えているのであればマンションも悪くはないが、一生住むとなると相当リスキーな買い物となる。

あと数年もすれば建て替え時がせまる我が実家ですが、一体どうなることやら・・・

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

ブログ村

ブログ村

ブログ村に参加しています。応援投票してくださると嬉しい!
スポンサーリンク







シェアする

フォローする