ストレートロングヘアを維持するたった2つの方法

美容

小学生の半ばから25年以上ショートで過ごしてきた人間が、夫やアドバイザーに乗せられてロングヘアーにして早3年。最近よく「ストレートロングヘアを綺麗に維持するのは大変でしょう」と声を掛けられるのですがが、特別変わったことはしていないのです。

そもそも髪の毛がストレートであるか否かというのは遺伝によるものも大きいので、ストレートでない方は無理にストレートにせず、自分の髪質を生かしたヘアスタイルにするのが一番髪の毛に優しいく綺麗にみせるコツだと思います。

私の場合、パーマを掛けたところでストレートっ気が強くて思いどおりのウェーブは描いてくれませんし、1週間も経てばパーマが落ちてしまって髪の毛が痛むだけになってしまうのです。ないものねだりはしないに限ります。

スポンサーリンク

シャンプー・コンディショナーの使い方

ロングだとシャンプーやコンディショナーがたくさん減ってお金がかかりませんか?といわれるのですが、それはシャンプー・コンディショナーの使い方を間違っているからこその質問です。

シャンプーは地肌を洗うためのものなので、ノンシリコンを。コンディショナーはリペア目的であればノンシリコンにこだわらなくてもよいですが、地肌にシリコン入りをつかうのであればなるべく地肌につけないように注意して使う必要があります。

シャンプーは1プッシュだけ

シャンプーは地肌の汚れを落とすものなので、シャンプーボトル1プッシュで地肌だけを洗うように使うのです。髪の毛についた汚れはシャンプーを洗い流す際、すすいでいる薄まったシャンプーが流れ落ちていくときに一緒に落ちていくので、わざわざシャンプーをたくさん使って髪の毛を洗う必要はなく、強い洗浄力で洗ってしまうからこそ髪の毛が痛むのです。

私が使っているのはAROMAKIFI ダメージケアシャンプー。

コンディショナーも1プッシュだけ

コンディショナーは髪の毛をコーティングするためのもので、地肌につくとなかなか落ちにくく皮膚トラブルの原因にもなります。私の場合は髪の毛が痛みやすい肩から下の部分にだけ使うようにしています。地肌につかないように注意するようになったおかげで、頭皮がかゆい・べとつく、吹き出物が出るなどのトラブルは一切なくなりました。

ちなみにショートヘアの場合はシャンプーだけで事足ります(髪の毛が痛む前にカットしてしまうので)。

私が使っているのはAROMAKIFI ダメージケアトリートメント。

髪の毛に優しいドライヤーで伸ばしながら乾かす

髪の毛は熱に弱いので、熱風だけで乾かすとかなり髪の毛が痛みます。私は面倒臭いので熱い場所が偏らないように、満遍なくドライヤーを当てて乾かすようにしています。

温風冷風を自動で繰り返すドライヤー

理想的な乾かし方は温風を当てたところを冷風でさますを繰り返しながら乾かすこと。わたしはズボラなので満遍なくドライヤーを当ててごまかしているのですが、手間でなければドライヤーのスイッチを手動で温風・冷風に切り替えて乾かすのがベスト。

温風・冷風を自動的に切り替えてくれる髪の毛に優しいドライヤーも発売されているので私もそろそろ買い換えようかと検討しているのです。

数年前からナノケアを使っていますが、ナノイーを放出してくれることで髪の毛を乾かしたときに起こりがちなパサつきが減り、乾燥することなく髪の毛を乾かすことができるので傷みにくくなりました。

乾かす時に少しだけ椿油をつける

髪の毛を乾燥させる際に、タオルドライして水がしたたり落ちなくなったぐらいで椿油を1円玉大ぐらい手のひらに取り、手のひら全体にのばして毛先を中心に髪の毛に馴染ませます。ドライヤーで乾燥させる際に、乾かしすぎて髪の毛の水分を失わないようにするためにしています。

あまり塗りすぎると髪の毛洗ってないの?という感じに見えてしまうので、少しずつ塗ってみて自分の適量を探してみてください。

猪毛ブラシを使って引っ張る

半乾きぐらいまで手櫛で乾かしたら、ロールの大きな猪毛ブラシで内側からロールさせつつ引っ張って乾かすと綺麗なストレートヘアになります。大きなロールなのでほんのり内巻きになるかなぐらいにまとまります。手櫛だけだとなかなか綺麗にまとまりません。

私が使っているブラシは美容室で教えていただいたものを使っています。

綺麗な髪を維持するためにブラシを買い換えた
20年以上ショートヘアだったので、ロングヘアになって戸惑うことだらけです。パーソナルカラーがウィンタータイプの私は黒髪がよく似合うタイプなんだそうで、カラーを見て頂いた先生にも、そして夫にも黒髪を伸ばすのが一番だと乗せられて今に至ります。...

痛んできた・まとまりが無くなってきたら

2週間から1ヶ月に1度、トリートメント剤を用いています。そんなものなくても大丈夫と思っていたのですが、使ってみてびっくり。髪の毛って縮れているんですね、初めて使ったとき、一気に2cmぐらい髪の毛が伸びました。

髪の毛にまとまりが出て指通りもなめらかになり、ストンと綺麗なストレートになるので、定期的に使うようにしています。

ロングヘアー仲間から教えてもらったミルボン ディーセス リンケージはもう手放せない

トリートメント剤。シャンプー後に髪の水気をタオルドライし毛先を中心にこのトリートメント剤を塗布すればまとまりのある艶やかな髪に早変わり。

手間を掛けずに無駄なことをしないのが一番

シャンプーで洗うのは地肌だけ、コンディショナーをつけるのは毛先だけ、髪の毛を乾かすのは熱が集中しないように満遍なく乾かすだけで髪の毛の傷みは減ります。痛んできたからと化粧品をたくさん使うのではなく、傷んでどうしようもない部分は諦めてカット。綺麗な髪を維持するためには結局のところ傷まないようにすることが大切なのです。

綺麗なストレートヘアを維持するのであれば、洗い過ぎない・無駄なものはつけないというたった2つのことが大切なのです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

美容
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

おうちごと

コメント