油を捨てるためにお金を使うのは勿体ない!

節約

油の処理をするのが面倒なので、自宅であまり揚げ物をしないようにしています。まったくしないわけではないので、油を処理しなければならないこともありますし、最近ではバイクを修理しているためにバイクからオイルや冷却水を抜いて処理することもあるためコスト0円で燃えるゴミとして捨てられる環境を作っています。

用意するものは牛乳パックと紙くず

まずは牛乳パック。洗って乾かし、上の口だけ全開に開いておく。

我が家は新聞を取っていないのでシュレッダーくずを使っています。元々細かくなっているので牛乳パックに詰め込むためにわざわざ小さくしなくて済むので手軽です。

牛乳パックに紙くずをつめこむだけ

もともと牛乳パックも紙くずもどちらもゴミになるものなので、心置きなく捨てることができます。1個作るのも1分かからずに作成できるので手間もかからず簡単に油の処理ができます。今回は夫がちょっと多めに作っておいて欲しいということで、牛乳パックを5個ストックしていました。普段は1個使ったら1個つくってストックするようにしています。

油を処理するときは油の温度がしっかりと常温になるまで冷ましてから処理するようにしてください。廃油をこの紙くず入り牛乳パックに注げばあとは燃やすゴミに放り込めばおしまいなので手間いらずのお金いらずで、我が家では固めるテンプル等々は買ったことがありません。ゴミを出すのにお金を使うのは勿体ない!

プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
節約
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント