大家が適当に修繕した壁を綺麗に修繕しなおした

DIY

入居してすぐぐらいに、現在洗濯室として使っている部屋に設置された大きな鏡が突如壁から落ちて壊れました。落ちて割れた鏡を勝手に処分していいのかどうかも分からず、その時はまだボケていなかった大家に連絡したところ捨ててくれと言われ(なんでこっちが処分費はらわなあかんねん)、電話を切ろうとしたので鏡の貼られていた部分の修繕はどうするのですか?ときいたところクロスを貼りに行くといって後日よく分からん素人に毛の生えたようなオッサンを連れて修繕しにきたのです。

我が家の大家は賃貸業を主として生計を立てている方ではないため色々とんちんかんで非常識なことも多々しでかしてくれます。しかも今は認知症っぽくて、我が家からの電話が掛かってくると全部速攻切ります。不動産屋からも同様みたいなのでそのうち弁護士を立てて何かと物事を進めていかなければならないかもしれません。

それはさておき、これで修繕したといえるのか?というぐらいひどい修繕のレベルで帰って行ったので呆然としました。困ることもないので数年放置していたのですが、毎日みるにつけモヤモヤしていたので、もうちょっとマシにするかと思いまして修繕してみることにしました。

素人に毛の生えたオッサンの修繕

この家、ミサワホームが建築したO型住宅と呼ばれる家らしいのですが昭和から平成に掛けて建築されたものでバブル期の忙しいころに建てられたからか割と手抜きな部分をちょくちょく見つけては修繕しております。

元々白く見える壁紙部分に鏡が設置されていました。この壁、石膏ボードなんですけど、鏡は石膏ボード用のアンカーも無しに取り付けられていました。むしろよくそれで25年ほど持ったな~と。

別に鏡が欲しかったわけではないですし壁紙でいいですよといったのですが、この補修。せめてこの1面はクロス剥がして全面貼り替えろよと思いません?どう考えても下手くそな素人に毛の生えたオッサンだったのでさっさと帰らせたくて何もいいませんでした。しかも綺麗にできたとご満悦で帰って行きましたよ。

CHIKA
CHIKA

これで綺麗!?頭に虫でも沸いているんじゃない・・・

クロスの貼り替えとその他細かな修繕

さすがにこのツートンはいけてなさすぎるので補修することにしましたが、下部のクロスののり付けも悪かったのか剥がす際に裏紙が全部残りませんでした。全部パテうちしようか考えたのですけど、なんか考えているうちに大家の態度含め相当バカらしくなってきまして綺麗に仕上げてやる義務もないかと思い始め、自分がイライラしない程度の修繕にすることにしました。

で、クロスを全部剥がしたところ、明らかに間違えて穴を開けてしまった的な穴を見つけました。鏡つけたらバレないしいいか的な穴が放置されています。そもそもはミサワホームの仕業ですけど、素人に毛の生えたオッサンもそのまま貼ったわけです。ため息しかでない。

ミサワホームの悪行はばれちゃいましたね、30年後に。さて、これは埋めないとクロスを貼ってもここから穴が空いたりクロスが浮いたりしてきます。木をあててとか色々かんがえましたけど、とりあえず試験的にウレタンで埋めてみることにしました。

ウレタンスプレーを購入して吹きつけ。24時間で乾くので、あとははみ出た部分を削ってフラットにすればOK。スプレーは1回使い切りだったのでこの穴塞ぐためだけに1,000円ほど使いました。加減がわかれば割と使い勝手はいいですが、1回使い切りなのがな~って感じ。何かを当てて接着剤あたりで適当に埋める方がよかったかもしれない。

さすがにデコボコのヒドイ部分だけはパテを塗り込みました。ほかのデコボコはもう面倒クサイし、壁紙自体もわりとエンボスのついたものなのでそこまで表面に影響を及ぼさないだろうと思い込んでパテ塗りはしないことに。

コンセントの位置も何故センターではないのだろう?とモヤモヤしつつも直してやる義理もないわとそのままの位置のままにしました。センターにするか、左右のどちらかにしろや!と思うのは私が細かいせい?

建具の養生テープを剥がしたらハゲたのでごまかした件

建具に養生テープを貼って作業をしていたのですが、剥がしたら表面の塗装(?)がハゲました。色塗ったらごまかせるかな~と思って塗ってみたもののダメだったので開き直って大々的にゴマかすことにしました。本当だったら色味の近いカッティングシートを貼って綺麗にするけど、心情的にやりたくない気持ち満載。

というわけでホームセンターをブラブラしているときに見つけたボーダーシートを貼って、さもこれはインテリアなのです的な感じでごまかすことにしました。いっそのことリボン柄にでもすれば良かったかしら?(自虐)

ここはこういうデザインだったんです、もともと。そうに違いない。このボーダーシート、シールタイプなのですが、かなり薄いので短めにカットして貼るを繰り返さないとシワが寄って大変なことになります。扱うのは割と難しいので、引っ張りながら貼れる肩幅程度にカットしながら使うか、二人で引っ張りながら少しずつ貼り付けていくスタイルで使うのがよろしいかと。

途中トラブルにも見舞われましたが無事手抜き修繕完成です。こうしてみればもともとこんな感じだったに違いないですよね~。少なくともツートン、壁紙が浮きまくって一部破れてきている状態よりは断然よくなりました。

取り外した家具の一部はカットして燃えるごみに

実は、元々コンセントが付いていた部分は背板として木材がはめ込まれていました。今回作業するにあたりこの木の板いる???となりまして、今回修繕する際に外しました。ただしこのまま捨てる粗大ゴミになりお金が掛かるので・・・

手のこでカット。45cmサイズ以内になれば燃えるごみで持って行ってもらえます。

4分割にして燃えるごみにシュートっ!

途中でやる気が低下しまくって、2週間ほど放置しておりましたがだいたい当初の想定内の仕上がりにおさまりました。気持ちスッキリなんですけど、なんで私が身銭きってやらねばならんのだとか色々な思いがフツフツと沸いてくるわけです。

MUKKU
MUKKU

いい練習台だと思って楽しみなよ~

と夫はいうのですが、大体作業をするのは私なのでやっぱりモヤモヤ。そもそもいい加減ボケた大家をなんとかしてよ~~~~!

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 暮らしやすいインテリアへ
プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
DIYその他
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント