お風呂丸ごとお掃除粉を使って風呂掃除を簡単に済ませる

洗面所・浴室・トイレ

先日楽天のスーパーセールで購入した木村石鹸のお風呂丸ごとお掃除粉を使ってバスタブと風呂釜、風呂小物を手間なく掃除することにしました。この家で初めて風呂釜つきの家に住んだのですが、掃除の仕方が分からず1年半ほど放置していました。

今回使ったお風呂丸ごとお掃除粉

いまどきな感じのナチュラルをイメージしたパッケージのお掃除粉。1箱に2袋入っています。300Lに対して1袋使います。セールで3箱購入しました。

長辺が13cmぐらいあってわりと大きな箱でした。しかもずっしり。

1箱に2袋入っています。

浴槽にはいる水量の計算方法

掃除する浴槽のサイズを測って計算すれば、お使いの浴槽の水量が計算できます。我が家のバスタブは縦55cm・横100cm・高さ55cmでした。

満水まで入れる場合は55×100×55=302500立法センチメートル、つまり302.5Lとなります。排水口が浸かるぐらいまでの水量は深さ30cmぐらいなので、165Lぐらい。

バスタブ全体を掃除する場合は1袋、風呂釜メインで掃除する場合は半袋を利用することになります。

お風呂まるごとお掃除粉の使い方

入浴後のお湯を使って掃除できるそうな(気分的に新しいお湯を張ってもよかったなぁと思う)。

排水口のパーツははずせるだけはずしておく。うちのお風呂はここまでしかはずせなかった。今回は初回なこともあり、バスタブ全体を掃除してやろうと満水にしました。

40~42度のお湯の中に、お掃除粉を1袋投入します。

そしてよくかき混ぜます。

3分ほど追い炊き。コントローラーの汚さが目立ちますね、近々掃除しよう。

追い炊きしている水が循環しているか確認すること。3分ほど追い炊きします。

桶と椅子とブラシの柄も一緒にそうじすることにしました。桶は表面に傷が入りだしてからカビが生えやすくなってしまいました。

椅子は写真で見る限りは綺麗に見えますが、石鹸カスが結構ついています。

シャワーヘッドも漬けるつもりでいたのに忘れてしまいました。次回のお楽しみにとっておこう。

8時間後、掃除おわりのお風呂

泡が消えて水にプカプカと椅子や洗面器が浮いていました。

特筆すべきは椅子の石鹸カスがドロドロのジェル上になって、シャワーで水をかけたらするすると綺麗にジェル化した石鹸カスが落ちて綺麗になりました。

桶のカビはやはり取れませんでした。これはカビキラー様に仕事をして頂きましょう。

風呂釜からジャバのCMのようなドロドロとしたものが出てくるのを期待しましたが、とても綺麗な水が噴出してきました。

3分ほど追い炊きしましたが期待したものは出てこず。思っていたより汚れていなかったのでしょう(勝手な想像)。

2ヶ月に1度ぐらいは丸ごと洗おう

初めて使う洗剤だったので説明書を見ながら掃除しましたが(してくれましたの間違い?)、お湯をためて、洗剤放り込んで、かき混ぜて、追い炊きして、小物を放り込んで8時間待つだけの非常に簡単なお掃除なので、定期的にこの洗剤を使って掃除しようと思います。

劇的に綺麗になったのは石鹸カスへの汚れだったので、石鹸カス汚れのついたものをすべて浸水させておけば簡単に綺麗になります。お風呂グッズだけでなく、洗面所のグッズも一緒にいれておけばよかったと今更ながら気づいたので次回に生かします。

寒い冬に寒い思いをしながら掃除せずに済んだだけでもありがたい石鹸でした。

コメント