年に1度はリコール対象商品を確認しています

もしもの備え
スポンサーリンク

ミニマリストではないので、割と多くの家電製品に囲まれて生活しています。特に職業柄パソコンやスマートフォンも多く、それにまつわる製品も数多く利用しています。中にはリコール製品になっているものも隠れ潜んでいるかもしれません。

過去には挙がっていない事例でも1年経てばリコール製品になっている場合もあるため、大体1月~2月ぐらいにリコールを確認するようにしています。

リコール製品を確認するには?

消費者庁のホームページにはリコール情報がまとめられています。

リコール情報サイトトップページ|消費者庁
このサイトは、商品に関する何らかの欠陥、...

車やバイクのリコールは国土交通省にまとめられています。

リコール情報検索 | 自動車のリコール・不具合情報
このページは、国土交通省自動車局審査・リコール課が運営する自動車のリコールや不具合の情報に関するページです。自動車不具合情報ホットラインに情報をお寄せ下さい。

リストの表を簡単に眺めるだけでいい

今年も簡単にリコールリストを眺めてみました。相変わらずバッテリー系のトラブルは収まる気配がありませんね。PCはほとんど新品では購入しないので手に入れた段階で大体リコールかどうかはチェックするようにしています。

ほとんどのご家庭でパソコンが利用されていると思うのですが、ノートパソコンの場合はバッテリーがリコール対象になっているものも実は数多く存在しますので、一度確認してみてください。

パソコン以外のものはほとんどノーチェックだったのですが、今年チェックした中で気になったのは三菱のエアコンでした。

実家で使っているものが該当してそうなので、次実家に行ったときに確認してみようかと思っています。

リコール対象は重大事故に繋がる可能性がある

家電製品のリコールは大体火災に繋がるものが多いので、いつも空気が乾燥して火災が怖いこの時期に調べてるのがオススメ。リコールが見つかると交換や修理の手配で手間はかかりますが、対応がすめば安心して生活することができます。

TVみながらでも一度サイトをチェックしてみるのがオススメです。

↓↓↓ Rankingに参加しています ↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ

プロフィール
CHIKA

小さなころから片付け好きのASD+ADHD。
面倒くさがりな性格で、日々の生活を効率よく過ごせるようアップデートし続けています。
マキシマリストの夫、小型犬2匹と築古な戸建で和気あいあいと生きてます。

CHIKAをフォローする
もしもの備え
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント 内容についての質問はコメントでお願いします。

タイトルとURLをコピーしました