大型ゴミを直接ゴミセンターに持ち込んで処分する

イエノコト

2年半ほど前に今の家に引っ越してきましたが、そのときの引越しゴミがまだ少し家に残っていました。半年毎に、夫にゴミ処理場に持ち込んで処分してきてよとお願いしていたのですがまったく動いてくれなかったので「火曜日に予約の電話をいれて、水曜日に捨てにいけるようにして!」と具体的に指示したところ、ようやく動いてくれました。

大型ゴミの収集が大変すぎる

私が住んでいる地域では、大型ゴミの収集日は存在しません。大型ゴミを捨てたい場合はまず、クリーンセンターに電話予約を行って収集予約をし戸建てなら家まで収集しにきてもらえます。当日立会いできる場合は回収時に現金でゴミ代をお支払い、当日立会いができない場合はシール金券を特定の場所に買いに行って貼り付けなければなりません。

まずクリーンセンターの電話予約は普通にフルタイムで働いている人と同じ時間でしか受け付けておらず、昼休みを逃せばなかなか予約することはできません。昼休みに何度かトライしましたが、やはり混雑してなかなか繋がらないのです。ネットでも申し込みできるようにしてくれないかな・・・

またシール金券も公的な施設でしか取り扱っていないために平日働いている人はなかなか買いにいけないのが現状です。できればコンビニなどで扱ってもらえるようにして頂きたいものです。

やっと水曜日に休日を作って持ち込んだ

文句を言っていても残念な市町村に住んだのは自分ですから、自分でなんとかするしかありません。大量にゴミがあったこともあり持ち込んで処理することにしました。大量に大型ゴミがある場合は重量計算になるので持ち込むことさえできれば収集にきてもらうより安くでゴミを処分することが可能です。

何度もこの手間をかけるのが面倒なので、今ゴミであろうものをたくさん詰め込んでいきました。2年前の引越しの際に捨ててくれば無料で捨てられたゴミを(前の市は当時、大型ゴミも無料で回収日もあった)、持ち込む手間だけでなくお金を払ってまで処分しなければならないなんて口惜しいにも程があります。夫が持ってきたがったのですが、結果捨てることになったにも関わらず「俺の心の平穏のため」とか抜かすわけですよ。こんなもの、時間と金の無駄!夫の心の平穏は買えたかどうかは知りませんが、私の心の平穏は無駄のトリプル攻撃(お金・ゴミ維持スペース・労力)で破壊されているわけですよ。

持ち込んだゴミは、前の家で使っていた下駄箱(この家の下駄箱と交換する予定だったが2年やらなかったから破棄)、玄関につける簡易虫除け網(昭和時代の製品?)、ベビーベッド(改造して犬の柵にしていた)、カーテンレール(バブル臭漂うレールだったので大家さんに許可をもらって外して破棄し忘れていたもの)、加水分解しているゴルフバッグなどなど。

私の軽自動車では載せることができないシロモノばかりだったのでどうしても夫の車が必要だったわけです。

ゴミ処理場では入場前に車の総重量を測ります。その後、処理場でゴミを下ろして出口で最軽量します。今回の持込の料はなんと130kg、1040円お支払いして処分してまいりました。

家具は捨てるときのことも考えて買う

今回は鏡扉の家具だったためクリーンセンターに持ち込んで処理しましたが、自治体によっては元は大型ゴミでも、分解・カットして小さくすることができれば普通ゴミで出しても問題ないとされている地域も多いです。(私の住んでいる地域も同様)

最終的には捨てることになるので、できるだけ大型ゴミではなく普通ゴミで捨てられるようなものという観点も一つ持った上で大物を買うことも大事だなぁと改めて感じました。といっても、家具を分解しようと思うとノコが必要になるので分解する手間を考えると結局持ち込んで処分するほうが早いかもしれませんが・・・

PVアクセスランキング にほんブログ村

イエノコト
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

おうちごと

コメント