詰め替えせずに使えるシャンプー・コンディショナーを選ぶ

グッズ

もともとシャンプー・リンスにはあまりこだわりはなかったのですが、ノンシリコンに変えたときにルベルのシャンプーが紙パックで詰め替えせざるを得なくなったあたりから、シャンプー・コンディショナーを詰め替えて利用していました。

その後、詰め替えが面倒くさくなり、詰め替えしなくてもいいデザインのシャンプー・コンディショナーを買えば楽じゃないか?ということに気付いて2年ほどその生活を続けていました。

スポンサーリンク

2年使い続けたシャンプー・コンディショナー

TAMANOHADAのシャンプー&コンディショナーを利用していました。シンプルなボトルだったので詰替えする必要もなく、ポンプを交換するのみだったので手間もかからず、個人的にはかなり気に入っていました。

夫がどうも、俺はこのシャンプー・コンディショナーが実はあまり合ってないみたいだから変えてほしいということでやむなく変えることにしたのです。

使って半年経過したAROMA KIFI

夫のコンディションに合わせて選んだのがAROMA KIFI。でもボトルはいまいちでした。とはいえ、そんなにガチャガチャとした色合いでもないので、そのまま利用していました。

TAMANOHADAから比べると油分が少し多め、その他配合成分についてもより優しいものになっていたので鞍替えしてから愛用しています。値段もTAMANOHADAより安いので個人的にはありがたいところ!

モノトーンになったAROMA KIFI

今回、シャンプーがまた無くなったのでストックのシャンプー・コンディショナーを注文したのですが、ボトルのデザインが変わっていて、モノトーン好きにはたまらないデザインになっていました。

シャンプーとトリートメントがどちらもボトルになったので、デザインにも一貫性が出てお風呂に並べてもすっきりとみえるのがありがたいです。

(2019/10)アロマキフィを販売していた元の会社が倒産して一時期購入ができなくなっていました。現在、アロマキフィブランドを別の会社が購入して販売を再開した模様ですが、モノトーンボトルのアロマキフィ シャンプー・コンディショナーは在庫限り終了の品になっていました。

お風呂のボトルを減らすには

個々人用のボトルを用意するのではなく、家族みんなで使えるものにしておけば買うものも減り管理も楽になります。

また我が家ではボディーソープをやめ、純せっけんを利用して体を洗うようにしています。ボディーソープでかゆみを発症していましたが、ボディーソープをやめることでかゆみが収まりました。

別々のシャンプー・リンスを使っていたころよりボトルも減って掃除も楽になりました。

コメント