ミッフィーzakkaフェスタで素焼きペイントを楽しんできました

日々のこと

2018/1/17に阿倍野にいく用事があったのですが、偶然あべのハルカス近鉄本店でミッフィーzakkaフェスタなるものが開催されているのをみかけましてぶらりと立ち寄ってみました。近鉄阿倍野で開催されるミッフィーzakkaフェスタは1/17~1/29までだそう。ほんと開催日当日なんて偶然にもほどがある!

ミッフィーの作者であるディック・ブルーナ氏が昨年お亡くなりになって、新しい作品がもう世に出てこないのかと思うと残念でなりません。

エスカレーター近辺に置かれたボード

阿倍野界隈が再開発されてからこうしてゆっくりと遊びに来たのは初めてで、近鉄百貨店の構造がわりとややこしくてウイング館ってどこやねん状態でした。催し物会場の一角なので、初めて行くとわかりづらいかも。

zakkaフェスタの様子

今はやりのインスタ映え対応としてフォトスポットの用意されています。かなりかわいく作られているので、お子様と撮影すると楽しそう。40前のBBAがやったら痛々しくて仕方ないので、やりませんでした。

これもインスタを使ってみんなのmiffy愛を投稿できる仕組みを構築しています。

もちろんグッズ販売ブースもあります。イベント限定品の販売もあり、買おうか悩みましたが、結局使わないだろうなぁと思いやめました。

限定300個の素焼きペイントに挑戦!

Miffyの素焼きに絵の具でペイントするだけなのですが、夫婦二人で挑戦してきました。どんなコンセプトでペイントするかで悩んだので、飼っている犬のいおたとミトをイメージしてペイントすることにしました。

Miffyの素焼き。大体15cmぐらいの大きさです。見本が全部上手過ぎてビビるんですけど・・・

絵の具は紙皿にのせて渡されました。あとは筆2本と筆を洗う水も出していただけます。ちなみに素焼きだけ購入して家で塗ると言って買って帰られた方もいましたので、小さいお子さんと楽しみたい場合は、買うだけ買って絵の具を用意しておうちでゆっくりペイントするのもいいかもしれません。

大の大人があ~でもない、こ~でもないと言いながらペイントしたMiffyはといいますと・・・

メラニーちゃんと、歌舞伎者?参考にしたヤツラはコイツラなんですよ。

私がいおた(左)を担当しました。いおたの顔って茶色だよね~と茶色を塗ったらメラニーちゃんになってしまいました。夫がミト(右)を担当したのですが、涙やけが隈取りに見えるしミトはやんちゃやから筋隈にしたとのこと。

おもしろいのでわんこスペースに飾っておきました。

限定300個とは知らずに参加したのですが、興味のある方は是非早めに近鉄阿倍野まで足を運んでくださいませ。

プロフィール
CHIKA

ロスジェネ世代、仕事はIT関係。効率化を追い求めできるだけ手間の掛けない家事を目指しています。時間を有効に使って空き時間を自分の好きなことに使いたい主義。

CHIKAをフォローする
日々のこと
CHIKAをフォローする
おうちごと

コメント