薬の管理方法を模索し続けています

薬・サプリメント

退院してきましたが、入院前より薬が増えて飲み忘れ・吸入し忘れると増悪の危機に陥るので管理方法を再度考え直してみました。今回、緊急入院となりましたが、夫が薬を持ってくることが出来ず残薬も山盛りになっているので、次回はちゃんと持ってきてもらえるような仕組みも併せて考える必要があったのです。

1週間単位で薬を準備・管理

月曜日始まりで薬を1週間分いれるカゴを1つ作りました。飲んでいるサプリメントも一緒に入れています。

日曜日の晩に、朝・昼・夜・寝る前にそれぞれ飲む薬を1週間分ずつ分けて入れます。ざっくりですが、残っている量で飲み忘れが判断できます。月曜日の晩の段階でそれぞれ6錠ずつ残っていれば飲み忘れなく過ごせていますが、仮に7錠残ったままであれば飲み忘れているということが簡単にわかります。

吸入薬も2階の洗面に置いていましたが1カ所に集約するためにこのカゴの中にいれました。吸入薬を使うとかならずうがいが必要になるので洗面所においていたのですが、キッチンでうがいするようにして、吸入し忘れ防止を優先させることにしました。

ストック薬はスライドオープンの袋に

毎回薬袋を開けて薬を取り出すのが面倒なのでスライドオープンで中身を確認できる袋に、薬袋と薬を入れてわかりやすく取り出しやすいようにしています。今までは薬袋を捨てていたのですが、病院に持ち込む際に薬剤師を困らせることになるので薬袋も保管するようにしました。内服薬は白の袋にいれています。

外用薬とマスクは黒の袋に入れました。マスクを入れているのは入院時このカゴを持ってきてもらう時にマスクを忘れずに持ってきてもらうための措置。

いつもは捨てていたお薬の説明書もA5クリアファイルにいれて取り置きしています。

入院時に使う文房具もこのカゴに入れておくことにしました。薬袋が見づらいので、薬袋の端っこに飲む時間帯が一目瞭然でわかるよう色分けしてマーキングしていたのですが、今後もそれを続けるために入れています。一緒に入れておけば入院時忘れられることもないですし。

ストック薬と入院時に持ってきて欲しいマスクと文房具を1つのカゴに立てて並べて収納しています。このカゴを取り出すのは日曜日の晩に薬を1週間分補充するとき。あとは薬をもらってきたとき。

1ヶ月ほど運用してまた改善するかも

カゴはキッチンカウンターの収納に入れています。もともと薬をこの場所に収納していたのでスタイルを変えただけです。

とりあえず現在このルールで運用してみて1ヶ月して飲み忘れもなく、薬の補充も間違いなく出来そうであれば夫にこの運用方法を説明して、緊急入院になったときにはこのカゴ2個を持ってきてねとお願いするつもり。

今のところ飲み忘れてません(3日目)。

コメント