買い物に行く回数を減らすメリットを享受する

シェアする

田舎に住んでいるので、徒歩圏内にはもちろんスーパーは1個しかありません。故に、土日はうんざりするぐらい混雑します。ですのでできる限り土日には行かないようにしているのです。そもそもスーパーでの買い物が実はあまり好きではないので、週に1回ぐらいしか行きたくないのでなるべく行かないようにしています。

夫婦で仕事をしていることもあり、付き合いでの外食もあるので普通のご家庭より外食は多め。週に5回ぐらいしか夕食を作っていないので週に1回の買い出しで事足りるのかも・・・

そして、人混みの中に行く回数を済むことで、感染予防にもつながっているのかもしれません。

買い物回数を減らすメリット

時間を有意義に使える

買い物に行く=それだけスーパーで過ごす時間が増える=自分の時間が減るのでなるべく回数を減らして自分の時間を少しでも多く確保したいのです。スーパーが好きだったら行くことがストレス発散になるのでしょうけれど、食料品と日用品をみても個人的にはあまり楽しくはないので、同じ出かけるにしても自分の好きなところに行きたいのです。

大量に購入する分安くなる

3個入りの卵より10個入りの卵の方が安いのと同じく、ほとんどの食材でも同じ事が言えます。賞味期限等を考えつつ、大量に入った物を購入し、野菜などはゆでで冷凍してなどの下ごしらえをしておけばいざ使うときの手間も短縮されます。

買い物に行く前にしておくこと

必ず買わなければならない物の他に、調味料の残量をチェックして無くなりそうな物を忘れず購入できるようにしておくことで、週の途中に再度買い出しに行く手間を省くことが出来ます。

冷蔵庫の中身をチェックしておけば今ある食材を無駄にせず買い物をすることも可能になります。

冷凍食品は自分で作る

週に1回の買い物にしてから、お弁当用の冷凍食品も自分で作るようになりました。きんぴらゴボウなどは一気に大量に作り、その時食べる分以外は小分けにして冷凍しておけば、お弁当を作るときに解凍していれるだけになるので弁当作成や簡単に済ませたいご飯の時に使えます。

同じように鶏の唐揚げなども作るときは多めに作って冷凍しているので、お弁当作りはかなり楽になりました。

買い物に時間をかけるのではなく、その分を料理の時間に回す方がよっぽど有意義な時間だと感じています。

ブログ村
スポンサーリンク







シェアする

フォローする