まずいワインをおいしいカクテルに変える技

タベルコト

ワインって自分の好みに合わないとなかなか苦痛な飲み物に早変わりしてしまいます。それぞれ料理に使うにしても限界があるので、おいしくないワインにあたると対処に困るわけです。ワインを使ったカクテルはさまざまありますが、家庭でも作れてしかも劇的においしくなる簡単なカクテルを紹介。

スポンサーリンク

使う割り材はただ一つ!

ウィルキンソン ジンジャーエール(辛口)。このジンジャーエール、普通に飲もうとすると唇の周りがピリピリするぐらい強烈な辛みですが、このジンジャーエールを飲み始めると他のジンジャーエールの腑抜け感に堪えられなくなります。飲みにくいワインもこれで悩まずに飲みきることができるようになりました。

赤ワインで作る場合

赤ワイン + ジンジャーエール = キティというカクテルになります。氷を入れたグラスに赤ワインとジンジャーエールを同量混ぜるだけ。ジンジャーエールの炭酸と辛みでワインの苦みとえぐみが殆どかき消されます。ジンジャーの香りとワインの香りを両方楽しめるので、さっぱりと飲みやすくなります。

白ワインで作る場合

白ワイン + ジンジャーエール = オペレーター。キティを作る分量と同じでおいしいカクテルが出来上がります。キティよりさらにさっぱりとした感覚で飲めるようになるので、こちらもおすすめです。

ジンジャーエールを使ったカクテル

有名なものはモスコミュール・ジンバック・シャンディーガフあたりですが、いろいろなお酒の割材としても利用できるだけでなく、普通にジュースとして飲んでもおいしいので家に何本かストックがあってもすぐに使い切れてしまいます。

どのカクテルを作っても、ウィルキンソンのジンジャーエールを用いて作るのが一番おいしく仕上がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

タベルコト
スポンサーリンク
CHIKAをフォローする
スポンサーリンク

SNS、やってます

ROOM

我が家で使っている物の紹介や買いたい物をリストアップしています。

RoomClip

RoomClipのイベントに参加しています。

Instagram

家のちょっとした写真を載せています。

おうちごと

コメント