リビング

薬の管理方法を模索し続けています

退院してきましたが、入院前より薬が増えて飲み忘れ・吸入し忘れると増悪の危機に陥るので管理方法を再度考え直してみました。今回、緊急入院となりましたが、夫が薬を持ってくることが出来ず残薬も山盛りになっているので、次回はちゃんと持ってきてもらえる...
リビング

薬は無印のポリプロピレン収納で管理

薬のストックはずいぶん昔から悩みの一つでしたが、無印のポリプロピレン収納を使うことによってしっくりと収まるようになりました。かなり使いやすい収納ボックスなので至る所で愛用しています。
節約

残薬を確認して医師に薬の日数調整をしてもらおう

残念ながら私はわりと重度の喘息患者なので毎月1回は病院に通っています。毎日摂取しなければならない薬もあるのですが、日々生活していると飲み忘れていることもあります(私の場合わりと頻繁かも・・・)。 2018年4月には薬価の改定が行われる予定...
雑貨・小物

薬の飲み忘れ・飲んだかどうかを確認するための仕組みとルール

ここ数年、薬が手放せない生活を送っているのですが、年のせいか飲み忘れ・飲んだかどうかを忘れることが頻繁に起こるのです。飲み忘れるならまだしも、重ねて飲むと副作用が強く出るため結構危険な薬もありどう管理すべきかを真剣に考える必要が出てきました...
雑貨・小物

お薬手帳にカバーをつけて持ち歩いても破れないようにする

喘息の発作のおかげでさまざまな病院・薬局に行く羽目になっています。その都度、お薬手帳はお持ちですかと問われるので、持ち歩くだけでなく頻繁に提出するのですが、こうも頻度が高いとお薬手帳の表紙がボロボロになってきてしまうのです。 さすがに冊子...
その他

よく使う薬は分類・明示して収納する

喘息を筆頭に持病持ちなため薬は欠かせません。そのため常にストックしている薬の種類も多く、無駄に持たないためにもしっかりと分類して収納しています。無印週間を利用して、分類を更に細かく行い、ワンアクションで簡単に取り出せる薬収納に変えました。
節約

2016/4/1からはおくすり手帳を持とう!

2016/4/1から診療報酬が大きく変わります。薬をもらうすべての人にとって一番関わってくるお薬手帳の扱いが大きく変わります。今まではお薬手帳を持たない方がお得だったのですが、これからはお薬手帳を持った方がお得になります。