健康・ダイエット

健康維持

フローリングでも疲れないスリッパ選びのコツ

ここ数年、室内用のスリッパをスニーカーソールのスリッパにしています。在宅で仕事をしているので家の中をウロウロしていることが多く、普通の室内用のスリッパだとすぐに足が疲れて腰が痛くなるのでガッシリとしたスリッパを履くことにしたのです。
健康・ダイエット

自分の病気を知るためにやるべきこととやってはいけないこと

病気と対峙するには自分でも病気を治すという気持ちが大切です。つまり自分を知ることに加え、自分がかかった病気についてもしっかりと知ることが必要ですが、病気を勉強するためにやるべきことやってはいけないことがあります。
呼吸器

デュピクセント、自己注射までの道のり

難治性喘息のため2019年の春まで生物学的製剤の一つ、ゾレアを使ってきましたがアレルギー症状をだんだん抑えられなくなり、入院を経てデュピクセントに変更しました。 ゾレアとデュピクセントの大きな違いは、ゾレアは1ヶ月に1回の接種・病院でのみ...
100均

薬箱に収まるわけない喘息患者の処方薬・一般薬の収納法

慢性疾患持ちの場合、長い期間・たくさんの種類の処方で薬を貰って帰ってくることが多いです。よくある薬箱になんて到底入り切りません。特に喘息などの呼吸器疾患を持っている場合、吸入器の管理もしなければならないためかなりのスペースを割くことになりま...
健康維持

夫に風疹の抗体検査と予防接種を受けてもらいました

日本の予防医療はほんっと遅れてるなと思うのですが、風疹が最たる例で昨年漸く風疹の予防接種がなされていない世代(男性)に対して追加措置を行うことになりました。昭和37年度~昭和53年度生まれの男性は追加措置の対象で、対象の方には市町村から昨年...
病院

長期入院患者からお見舞いに来られる人へのお願い

喘息で入院すると入院期間が長期になりやすいです。3年前も3週間、3ヶ月前も4週間、そして今回もすでに3週間以上が経過していますがまだ退院できそうにありません。
アレルギー

難治性喘息患者が行っているハウスダスト対策の全て

17歳の頃に気管支喘息になりました。そこから調子が良かったり悪かったりを繰り返し、今は人生最悪史上最悪な状態かもしれません。 そもそも喘息になったのは当時住んでいた実家が劣悪な環境だったから。母は片づけられない女な上に掃除も苦手で埃だらけ...
アレルギー

ヘルプマークの代わりにメディカルアラートを身につける

気管支喘息がこじれて薬漬けな生活を送っているためヘルプマークを頂いてきたのですが、どうにもこうにも使いにくくてヘルプマークの処遇、自分の疾患・アレルギーをどう知ってもらうかなどなどをここ数週間ほど悩んでいました。
呼吸器

気管支喘息増悪の治療で使ったステロイドの副作用

入院中、大量のステロイド(副腎皮質ホルモン)を使って、気管支の炎症を鎮めました。今回の入院・退院後で出てきたステロイドの副作用をリストアップしました。数回にわたる経験からの対策もまとめています。 入院期間は4月半ばから5月GWあけの3週間...
健康・ダイエット

障害者手帳持ちの弟にヘルプマークのことを訊いてみた

弟夫婦と飲む機会がありまして、いい具合にほろ酔いになったところで先日からどうしたものかと思案しているヘルプマークについて訊いてみることにしました。
スポンサーリンク